数字
 数字が伴わない仕事には価値がないかと言えば、別段そんなことは無いと思う。むしろ数字には簡単に表せない仕事というのもあって、それらが実は重要な部分をになっているとか、大きい会社になればそういった側面もあるのではないだろうか。
 営業職なんかは数字が出しやすいけれども、成果を単純に数字に反映しにくい仕事はたくさんあると思う。このあたりは職種ごとの差異が非常に大きいはずだ。数字にして比較するというのは、何かを考えたり分析したりする際にはもちろん大事だろうけれども、数字にできない価値の存在も、ないがしろにしたくはない。
 それでも役に立つのが数字だ。数字はすごいぞ。数字を発明できなかったら、人類のここまでの発展はなかった。そんな壮大な話をしたいのか俺は。そんなことは無いと思うけど。というかもしかしたら今疲れてるのかもしれない。けっこうミスタイプが多い。ちょっと落ち着いてキーボードをたたこうか。
 それもこれもきっと職場と家とで使っているキーボードが違うのが悪いのではないか、と最近は思うようになってきた。どちらもノートパソコンなのだけれども、微妙にキーの大きさが違うし、配置も違う。一番大変なのが、キーボードの左下だ。コントロールキーとファンクションキーが並んでいるのだけれど(ウィンドウズキーの左側に)、その配置が職場のものと私物とで逆転しているのだ。コピーしようと思ってコントロールを押しながらCをタイプしたつもりが、ファンクションを押しながらだから画面には「c」と表示されてしまって、なんてパターンが非常に、本当に嫌になるくらい多い。というか嫌だ。不貞寝してやる。嫌なときは、嫌なこと何もかも忘れてさっさと寝るのが最強なのだ。いやだめだよまだ六分くらいしか経過してないもの。まだまだ書くんだよ日課にするんだろ三日坊主は嫌なんだろう俺よ。
 三日坊主にはしたくないので、今日も書きました。あとせっかくだからもっと書きたい、書いていきたいと思ったので、今回からタイトルに数字入れてます。04ってやつです。ひとまずはこれが10になるのが目標。10まで行けるように、数字は二ケタにしました。三桁? それはまあ、厳しいんじゃないかな。続いたらいいけれど、そうしたら、その時は改めて桁数をふやそう。そうやって前に進めれば、それでいいと思うのです。私は。
 今「私」と使いましたが、私はわりと一人称ぶれがちヒューマンです。時に俺になったり、僕になったり私になったり。ちなみにリアルでもそんな感じです。相手とか立場によって使い分けてる。みんな大体そんな感じだよね。
 ネット上で、文章上で、こうやってテキストで表現しているときの私の一人称ですが、これは別にそういった立場とか社会的な立ち位置みたいなので使い分けているのではなくて、もう完全に気分です。気分。あー今日は「わたし」な感じだな、とか。あるいはもっとたんじゅんに、今は指がこの一人称を名乗りたがっているのだ! とか、まあそんなもんです。
 わりとてきとー。考える前に指で叩け。何ができるかは、キーと体に任せるのも悪くないだろ?
カット
Latest / 10:57
カットモードOFF
文字サイズ
向き
チャットコメント通知
04「数字」
初公開日: 2021年06月01日
最終更新日: 2021年06月01日
ブックマーク
スキ!
コメント
頭に浮かんだことばをひたすら書いていく。自由連想文ってやつをやります。目安の時間は10分。
今回のはじめのキーワードは「数字」。
30「かえりみち」
頭に浮かんだことばをひたすら書いていく。自由連想文ってやつをやります。目安の時間は10分。今回のはじ…
ヤギチュール
29「風」
頭に浮かんだことばをひたすら書いていく。自由連想文ってやつをやります。目安の時間は10分。今回のはじ…
ヤギチュール
6-4
あの夏の日を忘れない 6-4の執筆作業をします。
猫村やなぎ