「はい、それでは今度の劇の主役は山田さんと山本君に決定しました。みなさん拍手~」
 ぱちぱち。と、まばらな拍手が教室内に響く。爆睡していたので気付かなかったが、なんか名前を呼ばれたような。
「まって。ちょっと俺ついていけてないんだけど」
「王子役。頑張ってね白目王子」
 隣の席の女子が親切にも教えてくれる。白目王子って名誉なんだか不名誉なんだかわからないあだ名は俺のものだ。部活で疲れて大体授業中、眠気と戦ってるうちに白目を剥いているかららしい。そして俺は格好良いのである。毎朝鏡を見ては決めポーズ決める程度には。
「じゃあ山田さんが姫様役ってこ──ひえっ」
 名前順に並んだ座席。一つ前の席に座る山田さん肩を叩いたら視線だけで殺されるところだった。
 青筋がこんなにはっきり出てる人見たことない。
「お前。本気で言っているのか」
「俺が言い出したんじゃなくていつの間にか決まってただけなん──はっ!」
 その瞬間、電気が走った。ミトコンドリアだかイトコンドリアだか知らないつぶつぶがしゅわーっと頭の中と視界を覆っていく。
 前世の記憶的なものが。
「もしかして、俺が姫……!」
 思わず内股になる。
「ちっげーわボケ!!」
 山田さんのキレ顔には、どこか見覚えがある気がした。
~~~~~
即興小説15分
お題:暴かれた宿命
~~~~~~
【書く前】
暴かれた宿命??? 普通の村人だと思ってたら実は自分はなんかだったとか。プリキュアみたいな感じでこっそり活動していたヒーローがそうなるとか。魔王戦で「ふはははは、よく来たな息子よ」みたいなのとか。インド?出会った瞬間コイツがライバルだと悟る??
前世から定まっている運命
~~~~~
【書いた後】
アホな調子ノリ太郎って書きやすくてつい登場回数多くなる奴ね。
前世の記憶蘇り系だったら、普通に日本だし、姫と魔王とか騎士じゃなくて攘夷志士と新撰組とかにしたら面白そう。
だけど、本格的にやるなら色々調べないとだから大変かな!!!!
全員名無しのバーサーカーにすれば問題ないけどそれじゃ面白くないしな~
~~~~~
Latest / 21:12
文字サイズ
【即興】宿命は続くよどこまでも 2020-09-16
初公開日: 2020年09月15日
最終更新日: 2020年09月15日
ブックマーク
スキ!
チャットコメント表示
即興小説15分
お題:暴かれる宿命