「ここも行き止まりだ」
 夢の中だとわかっているけれど、意識とは別のなにかが自分を操作しているみたいだ。
 壁にひたひたと手を付きながら進んでも、行き着くところはどこもゴールではなかった。
 そもそもゴールがどんな場所かもわからない。今歩いてきた道のりも、振り返れば複雑に歪んでいて記憶から徐々に薄れていくし、夢の中でも宙ぶらりんな存在だなぁと自嘲的になってしまう。
 どうしたものだろうか。ここからどうすれば抜け出せる? そう悩んでいると、目の前に銀色のナイフと、ゆらゆらと鏡面が揺れ動いている鏡が現れた。
 死を選ぶか。それとも。ということだろうか。
 ナイフで痛みなく死ねるのだろうか。いや絶対痛いでしょ。どうせ夢なら潔く死んでみればいいのに。なんて、これがもし夢じゃなかったらどうするんだよ。
 こっちにおいでというように広げたれた手に、手を差し伸ばす。
 ああこれでまた、終わらない夢の世界へ逆戻り。
カット
Latest / 07:32
カットモードOFF
文字サイズ
向き
チャットコメント通知
まいご
初公開日: 2021年07月31日
最終更新日: 2021年07月31日
ブックマーク
スキ!
コメント
未定
冗談が冗談に聞こえなくて喧嘩するマレ監
糸屑
書けるといいな♪「恋仲の薬明、薬研がうさぎになって明石がねこになる話」
さっきネタが浮かんだのでざっと書きます。書き上げられればたぶんベッターにあげます。
さとうこおり
ふたり
SP4以降の捏造。鴗鳥家に話を通すまで何ヵ月かはいっしょに暮らしてた夜鷹(26)と光(6)。
しをに