頭に浮かんだことばをひたすら書いていく。自由連想文ってやつをやります。目安の時間は10分。
今回のはじめのキーワードは「風」。
29「風」
 風に揺られていたい。そよそよ撫でるくらいの優しい風を、頬で感じていたい。ずっと、よく晴れた草原に寝転んで、さわさわ鳴る草の音を聞きながら、風を感じていたい。
 風はどうして吹くのですか。気圧差。知識によって世界の解像度が上がるというけれど、知らない方が幸せだったのではないかと思うことが多々ある。どうして風は吹くのですか。できることなら、知らないままで、風のはじまりに想いを馳せていたかった。
 やさしい風は好き。やさしくない風は嫌い。とくに働いているときの優しくない風は嫌い。屋内ならまだいいけど、屋外に出なきゃいけないときは、気を使って無風になってくれないかと思う。ごうごうなると怖いし。向かい風だと疲れるし。話し声もかき消されるし。なんにも良いことがないから。
 暑い日に適度に吹く風は最高だ。寒い日に容赦なく吹きすさぶ風は最悪だ。吹きすさぶ風がよく似合うのはサイボーグ。誰がためにっていい曲だよね。わりと好き。
 いちばん好きな音楽ってなんだろうな。わかんないや。その時の気分によって大きく左右される気がします。たまに焚火の音こそが至高だ! ってなるときもあるし。
 最近気に入ってる曲だと、はれぶたの二期目のOPとか。カレって時々ブタ。いい曲だと思うのよ。ちなみにアニメの方も好きでした。歳がバレるな……。
 年齢って気にするものでしょうか。気にした方が良いものでしょうか。年相応のふるまい、とか。まったくできている気がしない。というか年相応ってなんなんだ。どうやればいいんだ。そこからしてまずわからんぞ。
 ただいつまでも若いままの気分ではいけない、ということはわかる。きちんと年を取れていない人間の滑稽さというか、見ていて痛々しくなるあの感覚。ああはなりたくない、と思っていたはずなのに、たぶん、そういうなりたくなかった大人になっている自覚がある。まだ二十代だから、とか、まだ人生の半分も(たぶん)生きていないのだから、などという考えは捨てた方が良いだろう。きちんと、相応の落ち着きを身につけなくては。落ち着く? どうやって? 独身のままではダメな気もしてくるが。
 社会人として認められるステータスというものは、令和の時代になってもやはり根深く残ってるように思える。きちんと家庭をもつこと。でも実際のところ、いい年して独身なのは大抵ちょっとやべーやつばかりだというのは、人生の諸先輩方を見ているとなんとなくわかってくる。もちろん、例外もあるが。
 自分がそういったやべーやつの仲間入りをはたしつつあるという事実にも、もう少し真面目に目を向けないといけないのかもしれない。
 もうちょっと真っ当な人間にならなければ……などということを、おれは本当に考えているのだろうか。だとしたら、どうしてこんなところでこんなものを書いているのか。
 たぶんおれは、どうでもいいんだろう。何も。社会からの評価なんて。大切なのは、自分が自分をどうしたいのか、だ。やりたくないことしかできないなんて、そんなの何の意味もない。自分を殺してまで手にれるようなもんじゃないだろう。社会的評価、なんてさ。
カット
Latest / 10:17
カットモードOFF
文字サイズ
向き
チャットコメント通知
29「風」
初公開日: 2021年07月29日
最終更新日: 2021年07月29日
ブックマーク
スキ!
コメント
頭に浮かんだことばをひたすら書いていく。自由連想文ってやつをやります。目安の時間は10分。
今回のはじめのキーワードは「風」。
36「ランプ」
頭に浮かんだことばをひたすら書いていく。自由連想文ってやつをやります。目安の時間は10分。今回のはじ…
ヤギチュール
35「砂糖水」
頭に浮かんだことばをひたすら書いていく。自由連想文ってやつをやります。目安の時間は10分。今回のはじ…
ヤギチュール
ポールダンサー
👠男子さんのマロより。(経緯の関係上、メモとして👠男子さんのマロ内容貼り付けてます)本番書くかわ…
あぼだ
20210911キスディノドロライ
第26回【お題:海賊/パーティ】
みつき