ただいまから執筆テストを行います。
誤字脱字、へんな文章多々ありますが、ご容赦ください。
あと、考えつつなので、遅いです。
ここで綴る文章は、ワタクシめのオリジナル小説「蒼の魔法士」にて掲載予定となっています。
どうぞよろしくお願いいたします。
小説は下記サイトより
platinumRondo
【小説・イラスト・LINEスタンプ】仕神けいた運営する個人サイト。
keita.obunko.com
蒼の魔法士 テスト執筆
「二通り、です」
 そう言って、木戸は山のように積み上げた饅頭をテーブルに置いた。
 黄色い満月のような、それでいてふわっふわのカステラ生地で、ユウの食欲を支配する。
 いやいや、今はおやつどころじゃない。
 ユウは彼の言葉を理解しようと|咀嚼そしゃくする。
 彼の語りは、意思を伝えようとする力が皆無であった。
 必要最低限の言葉を告げるのみで、あとは聴く側の理解能力次第である。
 キッチンで調理をしていた彼に、『一般人がアヤカシと遭遇した時の対処法』について訊いたのはユウだ。
 スマホに入っているはずのマニュアルが見つからず、かといってミサギに訊くのは自殺行為である。
 そこで彼の存在を思い出した。
「えっと……つまり、アヤカシのトラブルを見たり巻き込まれたりした時、何もしないか、魔法士に頼むか――ってことですか?」
 木戸は、ゆっくりと頷いた。
とちゅうですが、ここで一旦終了します。
執筆記録、終了します。ありがとうございました。
カット
Latest / 22:26
カットモードOFF
文字サイズ
向き
チャットコメント通知
テストも兼ねての執筆記録
初公開日: 2021年07月24日
最終更新日: 2021年07月24日
ブックマーク
スキ!
コメント
ライブ配信執筆テストです。20分ほどで終了予定です。
「蒼の魔法士」ただいま執筆中2021_08_21
「蒼の魔法士」を執筆してます。誤字脱字、変な文字、文章多々出現するかと思いますが、ご容赦ください。 …
仕神けいた
「蒼の魔法士」ただいま執筆中2021_08_18
「蒼の魔法士」を執筆してます。誤字脱字、変な文字、文章多々出現するかと思いますが、ご容赦ください。 …
仕神けいた
「蒼の魔法士」ただいま執筆中2021_08_14
「蒼の魔法士」を執筆してます。ちょっと、文字数足りない昨日更新のお話を、急ぎ書き直しています💦 誤…
仕神けいた