「おお、ここがスタバか」
「スタバだねぇ」
「スタバですね」
「ほへぇ、これがスタバっすか〜」
「なーにやってんすか先輩たちに硫黄と有基! ほら、さっさと行きますよ!」
「おいおい、こういうのはいつも有基が最後に『スタバってなんっすか?』って聞くパターンだろうが」
「失礼っすね、えんちゃん先輩! 俺だってスタバぐらい知ってるっす!」
「へぇ〜? じゃあスタバがどういう所なのか説明してみろよ」
「美味しい飲み物が飲めるとこっス!」
「まあ、有基にしては及第点じゃないですか?」
「判定甘すぎだろ硫黄」
「なら由布院先輩は説明できるんですか?」
「……コーヒーとか売ってるところだ」
「有基と同レベルですね」
「まだ俺の方がマシだろ」
「先輩たち!」
「ほらみんな、立が呼んでるよ」
「仕方ねぇな……なんであいつはあんなに張りきってんだよ」
「それは立の土俵だから、じゃないかな?」
「土俵?」
「いらっしゃいませ〜!」
「結構並んでるな」
「行列に並んでまで口にするほどの価値があると判断しているということですよ」
「さて、先輩方! ここで先に注文っすけどもちろん決まってるっすよね?」
「決まってるも何も何があるのか知らねぇよ」
「俺もあんまり詳しくはないかな」
「私は立の付き添いで何度か」
「俺は初めてっす!」
「なんっすか、男子高校生が揃いも揃って! スタバっすよ? いいっすか、メニューは……」
「こちらメニューです」
「おっ、ありがとうございます、おねーさん♪ スタバの店員さんは気が利くんで、こうやって待ってる間にメニューを見せてくれるんっすよ」
「気が利くと言うより効率の問題でしょうね。予め待っている時間をメニューを決める時間として利用してもらい、不快指数を下げて顧客満足度を上げる……そうすることでお客さんは『また来よう』という気持ちになりやすいという事です」
「うっせーなぁもう! そういうのはいいんだって硫黄! みんなここにはお洒落で洗礼された時間と気分を買いに来てんだよ」
「それも飲食店としては微妙な心境だろうけどね……。まあ、こうは言っても始まらないし、メニュー見ようか。有基、何か飲みたいものはある?」
「うーん……あっ、ココア! 俺ココアがいいっす! このクリーム乗ってるやつ!」
「有基はクリームが好きなんだ?」
「すっす!」
「なら『ココアのエクストラホイップ』がいいかもな」
「エクストラホイップ?」
「元々ホイップクリームの乗ってるもんなら、タダで多めにしてもらうことも出来るんだよ。『エクストラ』は『多め』って意味だからな!」
「正しくは『追加の』あるいは『余分な』という意味ですけどね」
「いーおー!」
「まあまあ。そうか、ここは甘いのが人気なんだ。俺はそこまで甘いのは得意じゃないんだけど、かと言ってコーヒーっていうのもなぁ……」
「あー、熱史先輩はあんまりイメージ無いっすね。ならこの抹茶とかはどうっすか? フラペチーノは冷たくて甘いけど、こっちの和三盆ティーラテならコーヒーでもなくて甘みが優しいかも」
「うん、いいね。俺はそれにさせてもらおうかな」
「由布院先輩は何がいいんっすか?」
「俺は甘けりゃなんでもいい」
「言うと思った」
「温泉饅頭を抱えて食べる方ですからね」
「由布院先輩はぁ……うーん………」
「お次のお客様どうぞ〜!」
「呼ばれましたね」
「あっ、やべ。じゃあ俺が見本で先に頼むんで頑張って頼んで下さい!」
「……俺のがまだ決まってねぇんだけど」
「どんまい、えんちゃん」
「俺と同じココアにするっすか?」
「いや、それはいい。あれだろ?スタバはフラペチーノってのがスタンダードらしいからそれにするわ」
「なら立の注文を真似すればいいのでは?」
「立の?」
「えっとぉ、俺はトールストロベリーフラペチーノブレべミルクチョコレートソースで!」
「……呪文か?」
「一部ではそう言われているらしいですね」
「立、『やり切った』って顔してる」
「かっけ〜! リュウ先輩すげ〜ッス!」
「あんなん出来るわけねぇだろ」
「ま、頑張ってください由布院先輩」
「お次にお待ちの方どうぞ〜!」
「そういや硫黄は何頼むんだろうね?」
「会話に参加してなかったけど決まってんのかあいつ?」
「ソイラテホットで」
「……シンプルだな」
「シンプルだね」
「シンプルっす」
「っだ〜! まーたそんなもん頼んでる! スタバまで来てソイラテ頼むのなんて硫黄ぐらいのもんだぜ?!」
「そんなことありませんよ。それに、あまり主語を大きくすると世界の珈琲党の方に怒られるのでは?」
「うっ……そうかもしんねーけどさぁ……」
「あっ、呼ばれたっす!」
「有基先に行っておいで」
「わーい!ココア、ココア!」
「あーあ、お姉さんたち笑ってる」
「そりゃあんだけ大声で『ココアください!』っつわれたら笑うだろ」
「そうだね。そろそろ俺の番かな? じゃあえんちゃん、頑張れよ」
「頑張れってったって、何を頑張るってんだよ……」
「次の方どうぞ〜! いらっしゃいませ! ご注文はお決まりですか?」
「あー……なんか甘いのがいいんだけど」
「甘いものでしたらこちらのフラペチーノ系はだいたい甘いのですが……ホットの方がいいですか?」
「いや、そのフラペチーノってやつでいいんだけど……分かんねぇから、お任せで」
「お、お任せですか?」
「そ。知ってる中で一番甘くて美味いって組み合わせで一つ。サイズは……中くらいの」
「あっ……じ、じゃあトールバニラクリームフラペチーノ、キャラメルシロップ変更、シロップ多め、ホイップクリーム多め、キャラメルソース追加、チョコレートソース追加、ソース多め、チョコレートチップ追加、チョコレートチップ多めでいかがでしょう?」
「じゃあそれで」
「立、なんて顔してるんですか?」
「なんか納得いかね〜……」
「何がだ?」
「だって! あんなんズルいに決まってるじゃないっすか! 顔がいいから許されてるようなもんですよあんな注文方法!」
「なんかいっぱい追加されてたっす」
「うん、どんなのが出てくるか全く想像つかないや」
「お待たせしましたー!」
「それは……キャラメルマキアートですか?」
「いーや、キャラメルマキアートはコーヒーが入ってるけど由布院先輩のはバニラクリームフラペチーノのシロップをキャラメルに変えて作られた『キャラメルマキアートもどき』だ。苦味がない分最大限に甘さが追加されてるって感じかな」
「ん、甘ぇ」
「良かったねえんちゃん」
「まあ、何はともあれみなさん買えましたね」
「買えたっす!」
「ん〜……一部納得いかねぇけど、まあいっか! またみんなで来ましょうね!」
カット
Latest / 00:10
カットモードOFF
文字サイズ
向き
チャットコメント通知
防衛部でスタバに行く話(会話のみ)
初公開日: 2021年07月21日
最終更新日: 2021年07月21日
ブックマーク
スキ!
コメント
伊香保の帰りのバスの中(約2時間半)で絵描きの友達と設定を作った話
【未完】薫敬SS
薫敬、と言うかただレオンと戯れてるだけの話(予定)今やっとプロットが書き終わったとこなので完成はまだ…
木更津慧
【完結】妖異譚SS
昨日書き始めたSS編集(word⇒TLにコピペしてからの途中スタート)
木更津慧
20210801キスディノドロライ
【お題:1周年/過去イベント/過去衣装/西】
みつき
#3 愛に至る怪異
一次創作夢小説です。オリジナル人外×夢主。 人外からの愛が重い。 いいところまで来たらやめる(予定…
魕雄