今日は何か街の方でイベントごとがあるらしい。普段よりも人通りの多い街にカモが来たという喜びが半分と、不安に似た何かが半分で息を吐く。ニューミリオンの郊外とはいえ人が生活する人はそれなりにいて、所謂ストリートチルドレンに属している人間からすればターゲットがいることは有難いことだ。けれど今日みたいに普段生活している街から外の人間が来ると絶好のターゲットと言えば我慢は出来るが、予想もしていなかった行動をされてお縄につく可能性があるというのも避けたい。街を知らない人間のすることなんて一目で分かることも少ないから、今日はどう行動するべきかと思案するために裏路地へと体を引っ込める。物陰の隅で腰を下ろして、今日動ける奴等の候補を頭に浮かべたりするがまずは集客の原因を探るべきだろうか。
「どうかしたのか?」
「は?」
 不意に、声が聞こえてきて顔を上げる。薄暗い路地を背景にしてオレを見つめる青空を取り込んだような瞳は不釣り合いのようだ。年が近そうな背丈や顔つきは見たことない。それに身なりも整っている姿に、珍しい髪色をしているガキなんていたら記憶に残っているはずだと、この街の人間ではないと瞬時に判断する。
 それでもどうしてこんな所まできてるんだ。そんな疑念に声を出せずにいるとガキはパチクリと瞬きをして辺りを見当たすと、スッとオレの正面にしゃがみ込む。
「お腹でも痛いのか?」
「そんなんじゃねぇよ」
「だってこんな所で座ってるじゃん」
「別にオレがどこで座ってたっていいだろうが」
「よくないよ」
 よくしゃべるガキに釣られて言葉が喉をすり抜けていく。何故か膨れっ面になっていくガキにこれ見よがしに息を吐き出す。面倒臭い。けれどこのまま立ち去っても追いかけてくるような気がして、腰を上げることが出来なかった。
「つーかなんでお前はこんな所にいるんだよ」
「うーん、なんでだっけ」
「はあ?」
 オレの問いかけにガキはまた瞬きをすると遠くを見て考え事をし始める。最近のガキは考えもなしに動く奴等ばかりだ、なんて自分の事を棚に上げていると思い出したかのように笑みを向けてきた。
「君がこんな所に入っていくのを見かけたからさ、追いかけてきちゃった」
「なんでだよ、ついてくんな」
「だっておじいちゃんとおばあちゃんともはぐれちゃったし、誰かここに詳しい人に道案内してもらいたくて」
「……お前、もしかして迷子なのかよ」
 ニコニコとしているくせに言っていることはただの迷子の台詞だ。眉を顰めて思ったことをそのまま口にすると、キョトンとした表情で首を傾げている。言葉の意味を理解しているのか、認識したくないだけなのか判別はつかない。
「迷子じゃないよ。ちょっとはぐれちゃっただけだよ」
「それを迷子って言うんだろ」
 後者のようだ。本当に面倒くせぇ。外の人間だからってこんな所までついてくるような奴だから、オレが逃げてもきっと追いかけてくる。奥へ行けば溜まり場にいる奴等もコイツを目にしてしまう。別に迷い込んできた外の人間がどうなろうともしらないが。きっと良いカモになるであろうコイツを連れて行くのも一つの案だと分かっているのにそれは嫌だと頭の隅でどこか思っては溜息をつく。
「……お前、何しに来たんだよ」
「おじいちゃんたちと野球の道具を見に来たんだ」
「じゃあこっちだな、ついてこい」
「っ! 案内してくれるのかっ!?」
「野球の道具が売ってる処まではな。そこからは一人でじーさんたちを探せ」
 立ち上がって路地の奥ではなく、人通りの方へと足を向ける。パッと目を輝かせて嬉しそうにわらったガキは足音を立てて近寄ってきては歩幅を合わせて隣を歩く。どうしてここまで来たのか、とかじーさんたちのことを聞いてもいないのに話してきては適当に相槌を打っていた。人の多い場所なんてどこでオレたちに目をつけてる奴等がいるか分からないから警戒心は自然と高くなっていて、話の内容は全く耳には残らない。
「……おい、あそこじゃねぇのか?」
「あっ! おじいちゃんたちだ! ありがと。これ、あげる」
 この辺で品ぞろえが良いと評判のスポーツ用品店の傍まで辿り着くと、パッと嬉しそうにガキが笑った。そしてオレの手を取って手の平に小さな飴玉を二つ乗せると、バイバイと手を振って走っていく。姿を目にした年老いたというにはまだ少し若くも見える夫婦が嬉しそうに顔を綻ばせるのを見て足早に来た道へと戻っていく。人が多いのは、誰かに見られるのは落ち着かない。逃げるように裏路地の深くまで行くと、いつの間にか詰まっていた息をゆっくりと吐きだした。
 変な奴だったな、と考えては一つ飴玉の包装を取って口の中へと入れる。甘いはずのイチゴ味のそれは何故だか苦くも感じるのに、今までで一番おいしくも感じる不思議な味だった。
カット
Latest / 57:56
カットモードOFF
文字サイズ
向き
チャットコメント通知
20210710キスディノワンライ
初公開日: 2021年07月11日
最終更新日: 2021年07月11日
ブックマーク
スキ!
コメント
第19回「幼少期/熱中症」
20210918キスディノドロライ
第27回【お題:カクテル/夏の終わり】
みつき
20210911キスディノドロライ
第26回【お題:海賊/パーティ】
みつき
20210828キスディノドロライ
第24回【お題:嘘/闇オークション】
みつき
原稿:現パロ古今夢
愛病世界オンリーに参加したいので頑張りたい。かなり詰まっているので高頻度で止まる可能性あり
よもぎ
満天の星と恋の光 9
現パロ中学生煉義8月編第9話。ここから支部での後編にあたる回になります。一応予定では後編分も4話で終…
オバ