現実逃避でパラライ+です +といいながらこずめずと夢主がどうにかなることはないです モブ視点のが近いです
なんだろうね なんなんだろうね 文章はぐちゃぐちゃです
 誰も待たない部屋に帰る。それが私の日課だった。学校から一番近い安物のアパートは合格通知が来てすぐ入居を決めた。ここでいいや、と母に伝えると「そこでいいね」と言われた。前期合格だったため早々と引っ越しも済ませ地元の友達とも疎遠になった。新人歓迎会も参加せず、サークルにも入らず気が付けば二期生に。縦の繋がりがないことは想像以上に致命的で、過去問も情報も手に入らない私は非常に勤勉な生徒と化していた。だって、じゃないと単位取れないし。
 講義を最優先に考え残りの時間はすべてバイトへ割く。ありがたいことに趣味もないので、学生の割にはいい稼ぎをしていた、そうやってモラトリアムをドブに捨てる。私の城であるこの部屋は、ただただ雨風を凌ぐだけの場所だった。
 今日だって別になんにも特別な日じゃない。朝昼晩のうち講義が三限で終わり帰宅して、ちょっとぼんやりしてただけの時間。ベランダで一服するだけの。ピアニッシモは大学に入ってから吸い始めた、単純に箱がかわいかったから。他のものを試すこともせず、ずっと最初の一箱目と同じものを吸っている。
 ベランダへと出ると下の方からゴソゴソと、何かものを引きずる音が聞こえた。近くにスラムのような場所があることは流石に学校からの注意喚起により知っている。スラム、宗教、アルコール中毒。大学生が気をつけなくちゃならない三種の神器だ。私にはもしかしたら卒業までご縁がないかもしれない。それが一番なのにどうして味気なく感じるんだろう。焦燥に腹を立てながらベランダの下を覗き込む。
 やっぱり。心の中で独り言ちた。よくよく見なくても気配で察することができるくらい、ゴミ捨て場に足を踏み入れていた人物は「スラム」の人間だ。人里に降りてきちゃう熊とか鹿とかは害獣としてしかるべき処置がとれるのにさ、人里におりてきちゃった人間にはそういうことできないんだよね。煙草に火をつけ口に咥え、す、と肺まで空気を送る。数秒。細く長く吐き出してから浮浪者へと声を投げた。
「あのさあ、おじさんたち。こっち、学生いっぱいだから戻ったほうがいいよ。通報されちゃうよ」
 半分は、馬鹿にして。薄汚くて汚いホームレスのおじさんでも見れば私は私のことを学生様だと思って少しだけ自尊感情が救われるかもしれなない。そんな下心丸出しな言動。「ねー、聞いてるの」フードを目深くかぶった二人は私のことなんか一切見やしない。悔しくなって煙草を柔く噛む。水でもかけてやろうか、とさえ思ったが生憎この家にはバケツがなかった。
 もう一度だけ、と思いベランダの手すりに上半身の体重をかける。瞬間、片方が私の方を見上げた。フードの下から見える瞳はぞっとするくらい青くて、冷たい。透き通るような周辺の青のせいで中心の黒目は怖気がする程黒く深い。顔の創りは私なんかよりずっと整っていて、年の頃は自分よりも下であることは雰囲気から見てとれた。ただそれだけの情報開示によって私の良心は痛む。だって、現金な人間だから。イケメン、責めれないじゃん。だってイケメンだし。たかが産まれた時に体に設置された顔面なんかで他人を判断してしまう。良さそうな人とか悪そうな人とか。ひどい話だけれど私の中で二人は「かわいそうな少年」へとランクアップし、話しかける声音も全く別のものになった。
「君たち、どっからきたの」
 二人は何も言わずに大学の校舎とは反対側へと視線を送った。「スラムって言われてるとこだよね」に対しては無反応。「ねえ、ちょっと案内してもらえないかな、そういうベンキョーしててね」ここで初めて相手の声を識ことができた。
「はあ?」少年の声は女の子のような外見からは考えられないような青年の声だ。「お駄賃、はずむよー」我ながら情けない話だが、部屋に戻り二人に得意げに見せつけたのは福沢諭吉が五枚。「土地のざっとした案内、撮影、あとインフラ系も見ておきたい。いい? あ、あと草の根団体って来たりする? 私ここの土地観ないからカルト的なことも教えてほしい。ね、そっちの中で自助的な教い…」こうやって、相手のリアクションを確認せず話し続けるから他人から煙たがれるのだ。思い出し口を噤む。五万円を見た時の表情と、学生アパートという場面からなのか警戒心は少ないように見受けられる。証拠、すぐ降りてくるようジェスチャーで示される。私はこれ幸いとホイホイ二人のいる場所へと向かった。若干、走ってしまっていたかもしれない。子供みたいに。どうしてだろう。ものすごくワクワクしたんだ。
きりのいいので、いったんここで終わります。ぴったっり30分だ!わーい!見ていただきありがとうございました!わーい!うれしい泣いちゃう!ではでは…!
Latest / 52:16
文字サイズ
向き
+
初公開日: 2021年01月24日
最終更新日: 2021年01月24日
ブックマーク
スキ!
チャットコメント表示
 ららい+です
試し書き小説【2021.05.08】
kmt宇善現パロR-18小説です。 スランプなので練習も兼ねてます。 特記事項内の要素を確認お願いし…
まげ
赤薔薇の君と白薔薇の君(解説しながら書きます)
pixivに投稿している、赤薔薇の君と、白薔薇の姫君( https://www.pixiv.net/…
マビ
袁リリの連載の続き一風景【17:00-17:30】
WEBオンリー企画「MioTesoro」様内で実施する30分テキストライブです。時間になったら配信開…
Amix