私はあなたのことを何も知らない
あの人と出会ったのは、結婚を考えるには幼すぎる時分でした。煉獄家のご長男と藤の家の娘が大人たちに引き合わされたことに、何か特別な意味を感じないわけもありません。私は幼いながらに、きっとこの人と仲良くなった方が良いんだと思いましたから、張り詰めた糸みたいな心持ちで杏寿郎さん、あなたと話をしようとしたことを良く覚えています。だけどあなたはそんな事なんておかまいなしに、君と仲良くなる事は出来ない、なんて仰いましたね。あの時はあなたは続けて、君自身困惑しているのが分かるから出来ないんだというような事を伝えてくださってた。なのに当時の私ときたら一言目にあんまり衝撃を受けすぎて、私は周囲の大人に望まれるまま必死にあなたに愛想を振りまいているのに、この人ときたらなんてことを言うんだと頭にきてしまったんです。そんなに私は魅力が無いって言うの、とも思ったかしら。ともかくこの時幼かった私はあなたのお気持ちなんてお構いなしに、その精悍な横顔に大きな紅葉を叩きつけてしまいましたね。今となっては申し訳なく、反省し通しです。だけど顔を見るとびっくりしては訳を問い詰めてくる大人たちに、あなたは決して私がやったのだとおっしゃらなかった。誰が悪いのだという話もしなかった、ただ、あの実直そうなお顔を崩さず、けれど言葉に困って、色々ですと言うばかりでした。私、この時初めて、この人は嘘偽りのない、誠実な方だと思ったの。
あの一件が大きかったのか、父母はその後早々あなたと私を引き合わせる事は無かったけれど、年に数度は共に出掛けることがありましたね。あなたは最初渋っていたと聞きました。だけど父や母を尊ぶあなただから、最後はきっと拒否しきれなかったのね。私があの日の謝罪と、望まれる意味であなたと仲良くなれるかは分からないけれど、こうして一緒に出掛けること自体は嫌じゃないことを伝えたら、季節の折、二、三度は会うようになってくれましたね。望まれている意味で君と仲良く出来るか、それは俺にも分からないとはっきり伝えたあなたに、気持ちのよい人だなと思いました。
春は川沿いの桜並木を見て、夏は川のせせらぎに耳を済ませましたね。秋は月を見上げて、冬は雪を被った庭を見ていました。君を女性として好きになっていってるのか、俺にはよく分からないとあなたは言いましたね。私もあなたを男性として好きになっていっているのか、よく分かりませんでした。だけど、分からないことを分からないと言うあなたのことは、妙にさっぱりしていて好きだった。恋は出来ていなかったかもしれないけど。
性格は顔に出る、なんて言葉があるってあなたと話したこともありましたね。私は、だからあなたはそんなに真面目そうな顔なのねって話しました。だってあなた、声も目力も強いもんだから、迫力あるんだもの。そうしたらあなたは、俺はその言葉へ素直に頷けないとおっしゃいました。顔を見ても君がどういう人か、その全てを推し量れた気がしないと。なぜかしら。黄泉路へ旅立ったあなたのお顔を見ていると、今更そんなことを思い出してしまったの。
鬼狩りの、それも柱の身にいつ何が起こるかなんて分からないって、頭では理解しているつもりでした。だけどやっぱり私、なんにも分かってなかったのね。眠るあなたの顔が見たこと無いくらいあんまりに穏やかで、言葉に詰まって泣いてしまったの。あなたがそんな顔なさるなんて、本当に知らなかったから。顔を、表情を形作るのは皮膚一枚下の筋肉の動きなんだってこと、不意に思い知りました。あなたが普段、精悍な表情をなさっていたのは、そうあろうとなさっていたからなのね。それが取り払われた今のあなたの、なんとあどけないことでしょう。あなたの言う通りでしたわ。顔を見たくらいで、その人の全てを推し量れた気がしない。あなたがひとりなにを考え、抱えて、生きてこられたのか。私はなんにも分かってなかったと、痛感しているのです
Latest / 49:44
文字サイズ
私はあなたのことを何も知らない
初公開日: 2020年10月23日
最終更新日: 2020年10月23日
ブックマーク
スキ!
チャットコメント表示
🔥
おとぎ話風にかいてみたいおとぎ話パロ
まさかのつるふしに衝動のまま書いてみました。憧れだけでおとぎ話風に書いたのでぐでんぐでんです!! 続…
tometa
土斎媚薬ネタ
この間のいしださんやく媚薬ネタR18パート書いてるので年齢制限してますすまんやで
(黎月)舞斗