ここ最近、二人の空気が変わったような気がする。
「なぁ、これって」
「こんなことも分からないの~?」
「うるっせぇな」
二人の言葉のやり取りが食堂で聞こえるようになったのはもう随分前のこと。あの空気が最悪だった時と比べたら寮の中全体が変わっているのだけど。何が変わったのか。視ているものが、目指すものが、大切なものが、繋がった絆が。上げようと思えば幾つも思い浮かぶのだけど、仲間としてだけではなくカケルとタイガの二人だからこその変化は確かにある。会話の棘は無いし、表情も柔らかい。毒つくこともあるけれど、楽しさや嬉しさが滲んでいるのも声を聞いていれば分かる。
「……もしかして」
思い至ったのは姉貴とコウジの関係性。正確にはそこまではいっていないけど想いあっているのだろうか。つかず離れず、見ていると少しイライラしそうな距離感。俺よりも年上なんだしはやくハッキリとさせたらいいのにな、二人とも。なんて呆れるように考えながらも二人を見ていると曲が生まれてきそうで、もう少しだけ口を挟まずに頬杖をついて眺めることにした。
Latest / 17:57
文字サイズ
20200909カケタイ
初公開日: 2020年09月11日
最終更新日: 2020年09月11日
ブックマーク
スキ!
チャットコメント表示
いつまで気が付かないフリしてるんだ?
300-500文字
20200913カケタイss
こんな声などくれてやる300-500文字
みつき
20200912錆義ワンライ
0912お題【結婚式/子育て】
みつき
20200912カケタイ2
「誰かに会いたいと思うなんていつぶりだろう」~「やっと言えた」800ー1000文字
みつき
忘却心中 第3話
義炭のようなそうじゃないような転生義炭です。第3話終了しました。4話目の執筆開始までアーカイブを置い…
オバ