※ファンタジーです
 黄金色の太陽が、天高く輝く夏の一日。
 燦々と降り注ぐ強烈な日差しがじりじりと大気を焼く中、砂塵を巻き上げながら荒野を進む影があった。四つの車輪の上に二人分の座席と荷台を乗せたその乗り物は、大崩壊前に作られた前文明の利器だ。
 土砂崩れによって露になった遺跡の奥。ひとりでに淡い光を放つタイルーーどのようにして造られたものなのか、今では材質もわからないーーを踏んで進んだ先に安置されていた、数百年落ちの四輪バギー。黄色い塗装が剥げて鈍色のフレームがむき出しになったボディーを、プラズマバッテリー駆動のモーターが力強く運んでいく。
 ロストテクノロジーとなった高性能サスペンションとスポットエアクーラーのおかげで、ドライブは快適そのものだった。遺跡の中からこの愛車を引っ張り出して早三ヶ月。ハンドルを握っているシグマは、誰もいない荒野を疾走する楽しさを満喫していた。
 荒野である。グゼル大平原と名付けられたこの地に人気ひとけはなく、また、近場に大型哺乳類の影もない。なだらかに隆起した大地が遠く地平線まで続き、岩や灌木が点在し、たまに思い出したかのように小さな泉の周りにだけ草地が存在していた。
 警戒しなければならないのは、地下に広がる大地底湖だった。湿気は地面の下から少しずつ、気の遠くなるような時間をかけて土を蝕んでいく。槌を叩き下ろすだけで、轟音を立てて崩れる落ちる場所もあるのだ。
 土は脆く、頼りなく、痩せていて、人が棲むには些か難のある土地だった。しかしそれでも、人は歩く。広大なグゼル大平原、時にグゼル大荒野などと呼ばれる大地にも、たしかに道は存在していた。
 道と言っても、石で舗装されているような上等な道路ではない。この地を通る無数の人々の足が、車輪が踏み固めてできただけの、ただの線だ。それはか細く貧弱で、ともすれば一撫でで消えてしまいそうな儚い線ではあったが、それでも紛れもなく、この地で唯一旅人を導いてくれる道だった。
 何年も、それこそ大崩壊前の古き時代から、西へ東へと行き交ってきた先人たちの旅の軌跡。彼らの残したその道標に、今日もまた新たな線が刻まれていく。
「ねぇ、シグマ」
 バギーの助手席に収まっていたカノンが、シグマの腕を叩いた。よく日に焼けたシグマのあかがね色の肌とは違い、その小さな腕は小麦色の毛に覆われている。手指の形も、シグマのそれとは違って短く丸く、桃色の柔らかな肉球を備えていた。
 ヒトの大人用に作られたシートは、彼女には大きすぎた。背もたれには大きなクッションが括り付けられていて、彼女はその中にすっぽりと納まるようにして背中を預けていた。
 まだとおになるかならないか、背丈の小さなカノンの足は、フットレストまで届かずに宙に浮いている。ぷらぷらと爪先を揺らして遊びながら、カノンは運転席のシグマを見上げた。
「シグマ、シグマ」
「なんだい、カノン」
 道の先を見据えたまま言ったシグマの方に、カノンはシートベルトを引っ張ってぐっと身を乗り出した。彼に見てもらいたいものがあったのだ。
 子供のカノンが大人のシグマの顔の高さまで手を挙げるには、全身をいっぱいに使う必要があった。腰から生えた尻尾も使って、器用にバランスを取りながらぐっと手を伸ばす。
「つかまえたの!」
「うん?」
 嬉しそうなカノンの声を聞いて、はて、とシグマが首を傾げた。荒野を走るバギーの車上で、いったい何を捕まえたというのだろう。
 ハンドルはまっすぐ握ったまま、シグマはちらりと視線を横に投げて、カノンの手の中にある物を見た。
「何を捕まえっうぉおおああああああ!!」
 シグマの顔のすぐ傍に、ずい、と突き出されていたのは、黒と黄色が体表に攻撃的な縞模様を描いている昆虫だった。くりっとした複眼と、強く大きく発達した顎、それからおしりの先から突き出す針が特徴的だ。
 カノンの右手親指と人差し指に背中側から掴まれてしまい、身動きが取れなくなっているその昆虫は、何とかこの場から逃れようとしているのか、六本の節足をじたばたと動かしてもがいている。
 シグマは思わず仰け反ろうとしたが、しっかりと作動したシートベルトの非常固定機構がそれを許さなかった。
 至近距離で黄色い彼と見つめ合いながら、彼のおしりの先から伸びる針を見て頬を引きつらせながら、シグマは叫んだ。
「ばっ、おま、蜂ッ! 針ッ!」
「飛んできたからね、つかまえたの」
「わーっ! そうかすごいなさすが獣人! わかった! わかったからこっちに向けるな近付けるな! さっきからおしりの針が出たり引っ込んだりすっごい自己主張してて危ないんだよ!」
 カノンはニコニコとわらっているが、シグマの方はいつ刺されやしないかと気が気でなかった。ガタイの良い強面の男だって、針で刺されれば痛いのは同じだ。「自分、刺せます」と全身で主張している蜂を目の前にして、平然としていられるはずもない。
 そんな彼の体を、がくん、とひときわ大きな揺れが襲った。
「ってうわあああハンドルぅ!!」
 慌てて視線を戻してみれば、道から外れたバギーは岩に正面から突っ込もうとしていた。無意識に揺れた腕によって、ハンドルが動いていたらしい。
 ブレーキペダルを踏みしめながら、めいっぱいハンドルを切る。シグマは、必死に歯を食いしばっていた。
「きゃーっ!」
「うおおおおっ!?」
 急ブレーキと急カーブによって生じた衝撃と慣性と遠心力が、二人の体を大きく揺さぶった。だが、反応は対照的だ。楽しそうに歓声を上げるカノンと、全身を強張らせてハンドルにしがみつくシグマ。
 やがてバギーがなんとか停止したとき、蜂を握ったまま手を振って喜んでいるカノンの横で、シグマはぐったりと脱力していた。
「……し、死ぬかと思ったぜ……」
「今のすごかったね! ね、ね、また今度やって!」
「ああ……そうだね……十年後くらいにね……」
 呼吸を整えるシグマの青い顔など意にも介さず、カノンがシートベルトを外した。小さな獣人の少女は、シートの上に膝立ちになってシグマの方を向く。
「シグマ、それでね、これなんだけどね」
「あー、うん、蜂だね。元気な蜂だね。俺こういう虫は元気なのよりも、こう、かわいくて無害なやつの方が好きだけど」
 カノンの右手にがっしりと捕獲されたままの蜂は、先程よりも大人しく、それどころかこころなしかぐったりと脱力しているようにも見える。あれだけ揺られればこうもなるよな、と、その様子に妙な親近感を覚えてしまうシグマだった。
「シグマ、これって食べられるの?」
「うん? ああ、食えなくも……ゴホン、食べられなくもないけど」
 余裕があるときは、子供の前では言葉遣いに気を使うタイプだった。シグマはずれた眼鏡を直してから、改めてカノンの手の中の彼を見る。
「あまり美味しくはないかな。それよりも……うん、カノン、ちょっと貸してくれるかな」
「はーい」
 不意を突かれたのでもなければ、シグマにとって蜂はさほど怖い相手でもない。噛まれたり刺されたりすれば痛いが、対処法なら両手の指で数えきれないくらい知っている。落ち着いて相対すれば、どうとでもなるのだ。
 平静を取り戻したシグマは、カノンから蜂を受け取った。くりっとした複眼、発達した顎、縞模様の体表は毛に覆われていて、おおきさからしておそらくミツバチ。そして、この荒野を飛んでいる種類となれば。
 オールバックにしているダークブロンドの髪を撫でつけながら――考え事をするときの癖だ――シグマは、ふむ、と頷いた。
「こいつはたぶん、『グゼルミツバチ』ってやつだな。ハチミツが採れるかも」
「ハチミツ!?」
 カノンの目の色が変わった。頭上の二本の獣耳と、腰から伸びるもふもふとした尻尾が、ぴんと元気良く伸ばされる。
 以前立ち寄った街ではじめてハチミツを食べたときの彼女のはしゃぎっぷりを、シグマは鮮明に覚えていた。もちろん、そのときのハチミツの蕩けるような甘さも忘れてはいない。
 甘いものに目が無いのは、シグマもカノンと同じだった。
「そう。ハチミツ。……ちょっと、いや、かなり、とっても食べたくなってきたな」
「うん、うん、うんっ! わたしも食べたいっ!!」
「採りに行くか?」
 言いながら、シグマはバギーのメインスイッチを切って、シートベルトを外しにかかっていた。カノンが首を横に振るはずがないとわかっていたし、彼自身もうハチミツを食べたくてしかたがなかったのだ。
「行く!!」
 カノンは元気よく答えて、勢いよくシートから飛び降りた。
 獣人用の大きな靴が、ざりっと荒野の砂を踏みしめる音がした。
「それじゃあまずは、たいまつを用意するか」
 運転席から降りたシグマは、手の中の蜂をそっと放しながら言った。解放された小さなミツバチは、ふらふらと頼りなさげに滞空した後、ゆっくりと北に飛んでいく。その姿を目で追ってから、彼はバギーの荷台へと手を伸ばした。
 二人旅の荷物にしては、荷台にかけられた幌は大きく膨らみすぎていた。シグマもカノンも、コンパクトでスマートな旅ができる性質ではない。拾ったものは捨てられないし、いざというときのためという名目の滅多に使わないガラクタも、大量に荷台の肥やしになっていた。
 だからこそ、唐突にハチミツ狩りなどができてしまうわけだが。
「たしか枝はあったし……カノン、なるべくぼろっちい布を選んでくれ」
「はーい」
 実のところ、野生のミツバチから蜂蜜を採取するのは初めてではない。シグマは手法を教わったときに、すぐに実践で試していた。
 煙を使って蜂を大人しくさせる、ひどく原始的な方法だったが、だからこそややこしい準備は不要だし、効果のほども実証済み。なんとかなるはずだ、という自信がシグマにはあった。
 ごくり。いつの間にか口中に溜まっていた唾を、シグマは音を立てて飲んだ。否応にも、これから手にするであろう黄金色への期待が高まってしまう。
「グゼルミツバチはね」
「うん」
「巣を、とにかくたくさん作るんだ。女王のいるマザーハイブを中心にして、リレーハイブっていう小さな巣をいくつも作って、どんどんどんどん縄張りを広げていく。体は小さくて行動半径は狭いんだけど、この方法のおかげで大きな蜂よりもずっと広大な輸送連絡網を――」
「……???」
「――ああ、ごめん。よくわからないよな、うん」
 雑学を語り始めると、つい止まらなくなってしまうのがシグマの癖だった。気付けばいつの間に探し当てたのか、手の中には数本の硬い枝が握られている。そのうちの一本を手渡した時、カノンはぐるぐると目を回していた。
 理解出来ない話でも、なんとか理解しようと頑張ることができるのが、カノンの良いところだ。
「まあつまり、あの蜂は飛べる距離が短いから、この近くのどこかに必ず巣がある、ってことさ」
 要点だけなら理解できる。カノンはこくこくと頷いて、シグマにボロ布を差し出した。
 枝の先端に布を巻きつけて、たいまつを作る。これも初めてのことではなかった。カノンもシグマも、慣れた手つきでぐるぐると腕を動かしながら、ぐるりと周囲を見回した。
「ここみたいな荒野なら、たとえば、そうだな、あの樹の陰とかかな。……よし、やってみるか」
「うん!」
 完成したたいまつを握って、カノンが元気よく返事をした。彼女が握るたいまつは、シグマが作ったものに比べて少々不格好ではあったが、効果には何の問題もない。
「それじゃあまずは樹に近付く前に、このコートを着て」
「? べつに寒くないよ?」
 季節はまだ夏が終わる前。冬用の厚手の服が活躍するのはずっと後のはずだった。事実、そのコートは荷台の最下層付近から引っ張り出す必要があったのだ。
 手渡された子供用コートをみながら、カノンが首を傾げる。
「保険というか、気休めというか、簡単に蜂に刺されないように、ね。肌は隠しておいたほうがいいんだ」
「刺される?」
「うん。おしりに針があっただろう」
「……いたい?」
 刺されると聞いて、カノンが首を竦めた。耳と尻尾も、怯えるようにしゅんと下がってしまっている。
「痛いぞー」
「どのくらい?」
「注射よりも痛い」
「!!!」
 びくりと体を震わせて、カノンは慌ててコートに袖を通しはじめた。シグマの旅にカノンが同行するようになった初めの頃、とある街で受けた注射のことを思い出したのだろう。
「あの時はずーっと泣き止まなくて大変だったなぁ」
さいかいー
 必死になってカノンをあやしていたときのことを思い出し、頷くシグマの横で、慌てすぎたカノンが袖をひっかけてコートに絡まっていた。
 やっとボタンを留めたときには、シグマはもうたいまつに火をつけていた。
「ね、ねぇシグマ。ほんとにこれで刺されない? だいじょうぶ?」
 きゅっとコートの裾を握りながら、カノンがシグマの顔を見上げた。不安を隠さないカノンの頭をそっと撫でてから、彼女のたいまつにも火をつける。
 人間の男と、獣人の少女。揃いのコートとたいまつを装備した二人の頭上に、薄い煙が上り始めた。
「……なんだか、いつもとちがうね」
「わざと煙が多く出るようにしているんだ」
「わざと?」
「そう。蜂は、煙に巻かれると大人しくなるからね。刺されないようにするためには、実はコートよりもこっちの方が大事なのさ。だから、たいまつは放しちゃだめだよ?」
「う、うん。わかった」
 カノンは、しっかりと口にたいまつを咥えた。獣人の彼女にとっては、手で握るよりもこの方が信頼できるらしい。
 それから二人で姿勢を引きく保ちながら、目を付けた樹へと近付いていく。シグマの予想通り、枝の陰に瘤のようにくっついている小さな蜂の巣があった。
 茶色い、半球状の巣は、その断面から中の六角形の構造が見えている。働き蜂達が忙しなく巣を出入りする様子も、よく見えた。
「やっぱりあったな。あの大きさならレベル2くらいかな。このレベルというのはグゼルミツバチのリレーハイブの規模を示す数字でね、レベル1か2なら末端のハイブだと思って構わないよ。ハチミツや蜂の巣の採取で狙うならレベル3以上のものは――」
「ねえ、シグマ。ハチミツ」
「――ああ、ごめん。よくわからないよな、うん。……それじゃあ煙で燻していこうか」
 風向きを確かめてから、シグマはそろりと位置を変えて、それからたいまつをそっと巣の下に寄せた。立ち上る煙が、静かに巣の中に入っていく。
 その中に、素へと戻っていく蜂の姿も透けて見えていた。
「たまに飛び出してくる奴もいるから、ちょっと背を低くしていようか」
 言うが早いか、カノンがすばやく身を伏せた。
「さされる?」
「大丈夫だよ。グゼルミツバチは元来大人しい。ただ、たいまつを足元に置いて、煙で自分を守っておいたほうがいいかな」
 カノンは即座にたいまつを口から放した。それから地面に落ちたたいまつの煙を浴びて、おもいっきり顔をしかめる。
「けほっ……くさい」
「ハチミツのためだ。我慢しよう。……そーら、出てきた出てきた」
「わ、わっ」
 蜂の巣から飛び出してきた蜜蜂たちを見つけて、カノンの指がシグマの服を握った。刺されると聞いてしまうと、バギーに乗っていた時のように、大胆には動けないようだ。
 巣から飛び出した蜂たちは、慌てて出てきたはいいものの、煙にやられて調子を崩しているのか、どことなく飛び方がぎこちない。近くの別の樹にふらふらと近付いて行って、何をするでもなく漂っている。
 その様子を見守っている間も、カノンはずっとシグマにしがみついていた。
「はは。そんなにひっつかなくても大丈夫だよ。……さて、それじゃあ今のうちにちょいと巣を割って」
「割っちゃうの? 蜂さんの巣なのに?」
「大丈夫だよ。小さなリレーハイブは、壊れるのが前提みたいな作りだからね。すぐに元通りになるんだ」
 シグマは腰のベルトに吊るしてあった大振りのナイフを抜くと、巣の外殻にすっと突き立てた。薄い外殻に切れ目が入っても、巣から蜂が出てくる様子はない。煙は有効に作用しているようだった。
 ナイフを動かして、切れ目を縦に広げていく。少しずつ刃先を押し込んでいって、刃の中ほどまでが巣の中に埋もれたところで、シグマの手首がくっと捻られた。
「わっ」
 声をあげたカノンの前で、ごろっと蜂の巣の四分の一ほどが外れた。断面は六角形の構造体の境目でちょうど割れている。取り外した巣を手早く革袋に放り込んで、しっかりと口を革紐で縛った。
 革袋入りの蜂の巣を抱えて、シグマは満足気に頷いた。それから自分を見上げているカノンに、たった今確保に成功したそれをそっと手渡した。
「これが、ハチミツ……」
「これは蜂の巣。この中にハチミツが入ってるんだ」
「へぇー……」
 カノンは革袋越しにぽんぽんと蜂の巣を叩いてみた。あの甘くてキラキラしていたハチミツが、こんな塊の中にどんなふうに入っているのか、どのくらい入っているのか。想像しただけで涎が溢れてきてしまう。
 袋を見つめながら、じゅるり、と溢れた涎を啜るカノンの頭を、たいまつの火を消して回収したシグマが撫でた。
「それじゃあこれを持っていこうか。煙から逃げた蜂が、他のリレーハイブから仲間を呼んでくる前にね」
「えっ」
「わりと危ないんだ」
「い、いっぱい来るの!?」
「まあね。だから……よっ、と!」
「ひゃっ」
 蜂が来ると聞いて目を見開いたカノンを、シグマはひょいと持ち上げた。体格差もあってか、羽のように簡単に少女の体は宙に浮き、シグマの腕の中にすっぽりと納まっているその体勢は、背中と膝裏に腕を回す、いわゆるお姫様抱っこだった。
「逃げるぞーっ!」
「きゃーっ!」
 蜂の巣を抱えたカノンを抱いて、シグマがバギーに向かって走る。
 カノンが悲鳴をあげるのは、怖いからではない。むしろ逆だった。疾走するバギーの上で風を受けるのも気持ちいいが、シグマに抱きかかえられている時の方が、なんというか安心するし、揺れや風もとても心地よく感じる。……楽しいのだ。
「おっと窪みだ! ジャンプするぞ!」
「きゃーっ!」
 感じた浮遊感に、カノンはたまらず歓声を上げた。はしゃいでいる彼女を見るだけで、シグマの顔にも笑みが浮かぶ。
「ハチミツ、楽しみだな!」
「うんっ!」
 グゼル大平原に、二人の声が響く。
 未だに終着点も、目的地すらどこにあるのかわからないような、先の長い旅ではあったが、だからこそこんな寄り道も大切なのだ。シグマはそう信じていた。
 広い荒野を走ることも、決して無駄ではない。無駄であるはずがない。
 旅は続き、轍は残る。そして声と思い出は、きっといつまでも二人の中で輝くのだ。
<了>
 読んでいただきありがとうございました。
Latest / 153:44
文字サイズ
わだち
初公開日: 2019年08月16日
最終更新日: 2020年05月27日
ブックマーク
スキ!
チャットコメント表示
ファンタジーな感じのアレです。
盆休み中に何もしないのはアレなのでアレする感じのアレなテキストライブです。
天恵
定時退社だったのでテキストライブやりますTwitterで開催されている世界観共有企画「魔女と黒騎士」…
ヤギチュール
【オリジナル】妖刀使い
ふと思い立ったので和風ファンタジーな感じにしたいテキストライブです
読みもの
ヤギチュール
インセイン「わだつみさま」
シナリオ執筆作業を配信してました!完成したシナリオはこちらで読むことができます。 https://w…
流音
テスト
テストがてらワードパレットなどやってみる。構っていただけたらうれしいです。使い方を教えてください。…
読みもの
おためし
おもしろそうなのでお試しでチャンネル配信します。何か書けたらいいな
読みもの
千昭