執筆記録、開始します。
どうぞよろしくお願いいたします。
蒼の魔法士 何話目かの執筆
 先ほどまで、ビクともしなかった重厚な門は、その力を失ったかのようにユウと井上坂に開け放たれた。
 重たそうに門を押し開けていくユウに、井上坂は外から引いて手伝う。
 普段、力仕事など全くしない細身の井上坂だが、そこは体格の差だろうか、いとも簡単に開く。
「大丈夫か!?」
「あ、井上坂さん……すいません。ついていくのが遅くて――」
 申し訳なさそうに頭を下げるユウ。
 その姿に、井上坂は息をのむ。
 頬を伝い滴る赤い雫。
 激しい戦いに耐え切れなかったボロボロの服。
 夏の空を映し出す澄んだ海のように綺麗だった青い髪が、無残にも赤黒く染まっている。
 文字通り、全身真っ赤であった。
「ケガ……ってか……大丈夫、か?」
 心配を通り越して、おぞましさがこみ上げてきそうだ。
 労わる言葉も、それに呑まれてうまく声にならない。
「あの、ボク大丈ぶっ……」
 ユウが言うのも聞こえないようだ。傷がないか確認しつつ、彼は袖で顔を丁寧に拭う。
「こんなに血まみれで……! おまけに服もボロボロじゃないかっ! こっちが精神的に大丈夫じゃないっ!」
「ふ、ふいまふぇ……」
 子供特有のやわらかいほっぺをぷにんぷにんと拭われ、うまく喋れないユウ。
 拭いている方は、血の量に青ざめている。
「門の中で何があったかは訊かないが、ここまで酷いのは初めてだ!」
 拭う手が震えている。それはユウにも感じ取れた。
「だ……大丈夫です。ボクなら大丈夫です」
 ユウは、井上坂の手に自分の小さな手を添えて、たどたどしく言った。
「えっと……心配してくれて、ありがとうございます。ボクなら、大丈夫ですから……
 それより、服を汚してしまって……ごめんなさい」
「服なんて洗えば済む! けど君は――」
 言いかけて、口をつぐむ。
 ユウの身体は、全身が血にまみれていた。それだけだった。
 怪我が一つもない。
 先ほど見た時は、少なくとも手足は切り裂かれたような跡があった。
途中ですが、この辺で執筆終了します。
執筆記録にお付き合いいただきありがとうございます。
カット
Latest / 48:39
カットモードOFF
文字サイズ
向き
チャットコメント通知
「蒼の魔法士」ただいま執筆中2021_07_29
初公開日: 2021年07月29日
最終更新日: 2021年07月29日
ブックマーク
スキ!
コメント
誤字脱字、変な文字、文章多々出現するかと思いますが、ご容赦ください。
あと、考えつつなので、遅いです。
ここで綴る文章は、ワタクシめのオリジナル小説「蒼の魔法士」にて掲載予定となっております(加筆修正あり)。
どうぞよろしくお願いいたします。
小説は下記サイトより。
http://keita.obunko.com/
「蒼の魔法士」ただいま執筆中2021_08_21
「蒼の魔法士」を執筆してます。誤字脱字、変な文字、文章多々出現するかと思いますが、ご容赦ください。 …
仕神けいた
「蒼の魔法士」ただいま執筆中2021_08_18
「蒼の魔法士」を執筆してます。誤字脱字、変な文字、文章多々出現するかと思いますが、ご容赦ください。 …
仕神けいた
「蒼の魔法士」ただいま執筆中2021_08_14
「蒼の魔法士」を執筆してます。ちょっと、文字数足りない昨日更新のお話を、急ぎ書き直しています💦 誤…
仕神けいた
お題「(あーもう可愛いな!)」
60804で「(あーもう可愛いな!)」とかどうでしょう。
二兎二足