「へ?」
「……まさか避けるなんて、思ってもなかったわ」
 今、俺の体が縦に別れた。
 そのはずだった。
 過程は分からないが、銀髪の男の持っている刀の刀身が、果てしなく伸びていた。
 いびつな刀は、その刃を俺に降ろした。
 油断していた。
 気を抜いていた。
 呆然としていた。
 どんな言い方でも良い。
 俺は目の前の攻撃に対して、届かないとマジレスをしていた。
 だが、今俺がいるのはトンデモ世界だ。
 そんな常識に囚われていたら、死ぬ。
「いやいや、ちゃんと死んでましたよ、ホント」
「でも生きとる。
 それは謙遜やなくて、嫌味や」
 しかし、俺の体は脳と違って非常に優秀だった。
 振り下ろされた刀を寸でのところで躱した。
 後少しでも右にずれていれば、俺の体は刃に切り裂かれていた。
 銀髪の男は、とてつもなく長くなった刀を持ち上げる。
 そんな長い刀持ち上げられるのか? と疑問に思ったが、それを解決するかのように、刀は元の長さまで戻る。
「……脇差」
「なんや、見てわかるんかいな」
「そんなことないですよ」
「謙遜ばっかやなぁ、自分。
 友達いなくなるで」
 適当に会話をして時間をかせぐ。
 正直、勝てるかと言われたら微妙な相手。
 場所と相手の油断度合いによる。
 ……あ、多分正面でぶつかって勝つことは無理。
 さっきのはたまたま死ぬ攻撃だったから、なんとか避けることができた。
 体の反射と呼べる部分での、気合避け。
 そうそう何度も的確に行くとは限らない。
「あぁ、そう言えば、キミのことは聞いてるよ。
 うちの総隊長から」
「総隊長?
 頭的な?」
「かしらって……オモロイ表現するなぁ、自分」
 というか、正直さっきから目の前の銀髪の男から敵意を感じない。
 殺意もない。
 さっき避けれたのが謎なくらいだ。
 修行のせいかと言うか、副作用というかそんなもので、俺の体は殺意と敵意に敏感になった。
 普通の人だってある程度の敵意を発するし、微弱な殺意を持っている。
 すごい集中して、気の所為くらいにしか感じることはできないが、それでも普通の人でも持っている感情。
 ことそれが戦場では顕著に現れる。
 いや、出ないほうがおかしい。
「っと。
 で、うちの総隊長が話すには、『面白い人間が存在する。もしかしたらそのものと衝突する可能性がある』って話してたのよ」
「……それが、俺だと?」
「いやいや、話では40年前くらいの話だから、キミやない。
 キミのおじいさんや」
「……そこで、ジジイの名前ね」
「そ、恐らくは子を持っていて、何らかの接触はあるかもしれないってことで、ボクが今回忙しい中来たんやけど」
 そこから先を銀髪の男は話さない。
 夜風を感じる。
 今このタイミングで感じるほどに、この静寂は軽い静寂だった。
 木々に囲まれた森。
 周囲に人里はない。
 虫のざわめき、木々の揺れ。
 気配を必死に探っているのが、集中を散らされる。
「ビンゴだったみたいやね」
「言うんかい!!」
 銀髪の男は、溜めて溜めて言葉を話す。
 そして同時に、刀を横薙ぎに振るう。
 俺は、思わずツッコミをしながら、しゃがむ。
 銀髪の男の行動に、今度は対応できたはず。
 しゃがみながらも、男の様子に目をそむけない。
 そして、気づく。
「は、ず、れ」
 男は刀を伸ばしていない。
 最初の時点で気づいていたあの刀の弱点。
 伸ばした後は次に攻撃をするためには一度短くしないといけない。
 簡単に言えば、伸ばしたら攻撃は見え、隙が生じる。
 それを狙うはずだったが、ブラフをかけられた。
 まるで俺のことを見抜いているかのような……
「それじゃあ」
 短い脇差だからこそできる、流れるような太刀筋の切り替え。
 その太刀筋は、縦。
 俺のいるところを確実に仕留めに来る斬撃。
 横に逃げるか。
 いや、これもフェイントだったら。
 これ以上無理に動けば、次はない。
 なら、次に繋げる動きを。
 次に繋げる動きとは。
 何をすればいい。
 何をすれば。
 刀を上に。
 横に。
 受け、
「フンヌゥゥゥッゥ!!!」
 柄にもない声。
 気合というより、呼吸。
 呼吸というより、空気漏れ。
 そんな音を出しながら、上からの衝撃を受け止める。
 当然というか、なんというか、斬撃は来た。
 俺の動きを見て判断しているのだろうが、ここまでは読み通り。
 しかし、斬撃が重い。
 それはそうだ。
 見えなくなるまで伸びた刀の重さは?
 計り知れない。
 重力と、脇差状態で振り下ろした時の速度。
 重いに決まっている。
 だからこそ、受け止める。
 折れたら一生恨む!!! 浦原さん!!!
 常中しているから体はギリ大丈夫。
 だけど地面がひび割れ、俺の体が沈んでいく。
 耐えきれる。
 確信ができた。
 だから、次は、
「おおおおおおおおおおおおおおおお!」
 雄叫びとともに、前に進む。
 刀はそのまま。
 つまりは鍔迫合っている状態で、前に詰める。
 刀が重いのなんの。
 ふんばれ、進め。
 足には自信がある。
 行ける。
「キミ、オモロイねぇ」
 重さが消える。
 刀を縮めた。
 銀髪の男は、次の斬撃のため、腕を引いた。
 一瞬の、隙
 防御が間に合うかどうか、そのくらいの、一瞬。
 防がなければ、次でやられる。
 だから、
 シィィィィィィ
 一瞬でお釣りの来る
 雷の呼吸
 この技で
 参の型
 詰める!
 聚蚊成雷(しゅうぶんせいらい)
Latest / 37:44
文字サイズ
向き
BLEACH鬼滅二次創作 31話【連載】
初公開日: 2021年03月03日
最終更新日: 2021年03月03日
ブックマーク
スキ!
チャットコメント表示
BLEACH鬼滅の二次創作を書きます。
31話です。
ぶっちゃけ、結構鬼滅成分とブリーチ成分の量は気を使っています。
鬼滅に関してはネットだけになりますが、十分に知識を入れてから望んではいます。
しかしまぁ曲者はブリーチの方で。
ブリーチ世界観なので、すべての事象に対してブリーチの設定で話せるようにしている(自己満)のですが、いかんせん知らないことしか書いてないので説明も難しいのなんの。
今千年血戦編を読んでいるのですが、隕石降らせる、とは? と困惑しています。
前回のテキストライブ→https://txtlive.net/lr/1614604227846
次回のテキストライブ→まだ
作品URL→https://syosetu.org/novel/245544/
BLEACH鬼滅二次創作 48話【連載】
BLEACH鬼滅の二次創作を書きます。48話です。 腕の痛みを何とかするためにマッサージと言うか腕の…
菊の花の様に
BLEACH鬼滅二次創作 47話【連載】
BLEACH鬼滅の二次創作を書きます。47話です。 最近左腕に痛みが走りまして、そのせいでスマホ投稿…
菊の花の様に
BLEACH鬼滅二次創作 46話【連載】
BLEACH鬼滅の二次創作を書きます。46話です。 やっぱり急いで投稿しようとするとろくなことないな…
菊の花の様に
【運営配信】3月レポートといろいろと【2021/4/10】
2021/4/10 22:00 スタート 内容は ・3月のレポート ・現状とこれから ・新機能紹介 …
TxT Live
300字SS 「夕」Tw300字ss様 企画
ツイッター Tw300字ss様の企画 お題「夕」に挑戦します。
松本いおり