21時に開け、22時までに終わらせる予定です。
気が向いた方はリツイートとかアドレスツイートお願いします。
コメント、ハートは大歓迎です。言葉が浮かばない人は「キャー」とかかいてやってください、というのがいつものノリ。(書き終わり次第の反応になります。1時間待てる方は応援してやってください)
本日のテーマ「星」「落書き」「砂糖」
デュースのホームバレしますので、バレ苦手な方は避けてください。
 ……さすがに、気になってうろうろしていたのが、幸いだったのだろうか。
 寮から二人もスターゲイザーが出るという事自体が無かった……勿論今まであったのだろうが、リドルは流石に二年生なので、知らない。
 三年生のトレイも選ばれることは初めてで、なかなか忙しい、と苦笑して、ごめんな。とリドルに言って、その日からトレイお手製のおやつが無くなった。というか、リドルから言ったのだ。
 この期間中、リドルにかまけて失敗……まではしないだろうが、本来のトレイのポテンシャルが十分に引き出せなかった、という事になってしまえば寮の沽券にもかかわる。
 期間中はこちらのことは気にしなくていいので、きっちりと役目を果たしてほしい。
 トレイもそれはわかっているので、素直に頷いてくれた。
 願い星も順調に集めているようだ。
 が、問題が一つ。
「クローバー先輩ぃ……」
 おろおろしながら、しかし何の役にもたたないデュースが傍でうずくまっている。
「大丈夫、大丈夫だ……」
「まったく……注意力がないにも程があるね」
 二人もスターゲイザーを輩出したハーツラビュル寮の寮長としては、寮でのことだけではなく、二人の様子も気になる。なので練習をそれとなく気にして見に来たのだが、デュースがその腕でトレイを張り倒すさまを見てしまった。
 見事に吹っ飛んだ分、逆に大きな怪我はしなかったようだな、と確認しつつ、トレイ。と声をかける。
「医務室に付き合おう。本番に青あざのついた身体で出るわけにいかないだろうしね」
「そうだな。まぁ大丈夫だと思うが」
 手を引いて立ち上がらせようとしたら、結構重い。そう言えば身長差が。と思ったところで、デュースが隣からトレイを立ち上がらせてくれた。
「僕が連れて行きます、オトシマエはつけないと……」
「いいから、トレイを吹っ飛ばさないように練習しているんだね」
「ローズハート寮長……」
 うう……と唸るデュースの手からトレイを受け取り、流石に大人げなかった、と思うリドルだが、デュースはそれを気にした様子はない。
 頑張ります、というデュースを置いて、トレイ、と言って手を引いた。
「大丈夫かい? 眼鏡割れたり歪んだりしてない?」
「ああ、びっくりはしたが」
 ふぅ、とため息を吐きながら、トレイは己の腕を確認する。
「多分痛めてはない。打ち身ぐらいだな」
「そう……それならいいけど」
 言いつつ、隣を伺った。
 不思議な気分だ。伝統衣装のトレイ、デュースとは全然違う。
「どうした?」
「ん、ううん」
(こんなに体格が違うのに、よく吹っ飛ばせたな……)
 遠目だったからはっきり見えたわけではなかったが、腕の振りで見事に張り倒された、というように見えた。みぞおちを一撃。
 デュースはなかなか……と思いながらもまたトレイを見てしまう。
「ひっくり返ってしまったけれど、衣装は壊していない?」
「多分大丈夫だと思う。逆にそのまま倒れたからな……デュースはちょっと、真っすぐで素直なんだが」
「躊躇がないからね、あの子は」
「そうだな」
 意見の一致をみる。
 医務室で色々と見てもらい、労をねぎらわれ、とりあえず今日は湿布薬をもらって休むことに、という事になった。
 トレイはデュースにメッセージを打ち、二人で寮に戻る。
 勿論、大切な役目とはいえ、スターゲイザーのことをしているだけではないので、他の話もいくつか出る。
 何気ない会話をして、寮に戻ると入り口近くにケイトがいた。
「あれ。どうしたのお二人さん?」
 デュースと、という説明を一通りしたらケイトは大笑いした後、リドルと同じく『衣装は無事?』と聞いた。
「お前たち、衣装の方が心配なのか」
「だってトレイくん、デュースちゃんよりデカいしごついじゃん。もう、衣装の感じが全然違うし」
「似合わないって?」
 苦笑しながら裾をつまむトレイに、えー。とケイトは唇を尖らせる。
「そんなことないよ、男性美ってやつでしょ? あれはあれ、これはこれでカッコいいよ?」
「そうか」
「そうじゃなかったらマジカメ載せないって。もう一枚いっとく?」
「行かない。やめろ」
 スマホを構えられて嫌がるトレイの姿を見ながら、ああ、そういえば。と思う。
 ケイトのマジカメアカウントに、トレイのこの姿が載っていたのだ。
 そう思いながら見ていたら、ケイトにパシャっと一枚撮られた。まぁいつものこと。
「うん。ツーショット撮ってあげたよ、ハイ、リドルくん」
「え?」
 首を傾げると、スマホに通知音。
「アップしてないから、送ってあげただけだから」
 ケイトはトレイにそう言い訳をして軽快に去っていく。
 リドルが通知を開くと、ケイトから画像データで確かに、トレイとリドルが同じ画面に収まった写真が届いていた。
「……」
 しっかりした肩が出ていて、ちょっとドキッとする。
 トレイは長身なのでひ弱には見えていないだろうけれど、そもそもちょっと体格もいい方だ。制服などではなく、こういう格好をするとそれが目立つ。身体つきだけだとサバナクロー生に交じっても目立たないぐらい。
「あいつ……」
「うん、でも、ちょっとその姿のキミの写真、欲しかったからね、良いよ、ボクは……」
 ケイトの素直さに触れていると、自分もそうしたほうが良い気がして、リドルはそう言った。
 トレイは少し瞬いて、そうか、と眼鏡に触れた。照れたのだと思う。
 中庭でひっくり返ったのだから、着替えてシャワーを浴びる、とトレイは部屋に戻った。
 リドルはそれを見送り、寮生たちの色々なことをチェックして、宿題、予習復習を片付け、夕食にはいつもの面々と。
 デュースがすんませんでした! と騒ぐので、もうやめてくれ、と苦笑するトレイ、からかうエース、いつも通りの時間。
 本当に、最初から考えたら信じられないほど穏やかな時間だ。
 こういう日が来るとは思わなかった。
(星送りが終わったら)
 まもなく、リドルは三年生に、つまりトレイは四年生になる。
 時間は過ぎるものだ、仕方ない。
 指折り数えて待ったこともある一年、けれど本当に、この一年は『あっという間』だったから、きっとこれからの一年もそうなってしまうだろう。
 そうなると、また、リドルは『トレイが傍に居ない一年』を迎える。
 今は『行事の為』に食べられていないだけの、トレイのおやつも、一年は……多分無理だ。
 こんなに甘やかされてしまった自分が、今更、それに耐えられるだろうか。
(情けない、何を考えているんだ)
 なんて間抜けなことだ。
 この男が傍に居ないと何もできないだなんて思いたくないのに。
 食事が終わって、寮で、デュース、リドル、とトレイに呼ばれた。
 内緒にするように、と示されながら、キッチンに。
「外で運動するからな」
 言いながら、トレイはデュースに経口補水液のレシピを教える。
 説明しながら、砂糖と塩と、と測らせつつ、何事かついでにコンロにかけている。覗き込むとべっ甲飴だ。これぐらいならデュースにも出来ると踏んだのだろう。
「これは……」
 ほうほう、とデュースがレシピをメモる。
 何のために呼ばれているのだろうか、流石に経口補水液ぐらいなら『医療用のレシピ』になるからリドルでもわかるのだけれど。
「さて、本題だ」
 そういって、トレイは冷蔵庫を開けた。
 二人の前にプリンを置いてくれる。いつものようにアラモードにはなっていない、ただのシンプルなプリン。
「何も作らないつもりだったんだがな、落ち着かなくて」
「トレイ……」
「クローバー先輩……」
 きらきらするデュースに、お前も好きだろ、とトレイはスプーンを渡してやる。
 元気に言って、デュースが食べているのをちょっと微笑ましく見てから、リドルもその柔らかなものにスプーンを沈ませた。
「うん、美味しい」
 離れても大丈夫だろうかと思った所なのに、こんなことをして。
(まったく……)
 甘やかされて、困る。
「俺も食べるの久しぶりだな、リドルに作るついでにつまんでるからな」
 笑いながら、トレイが座った。
 なので、リドルは足を伸ばしてその膝をつつく。
 ついっと運ばせると、目線が来た。
 なので、メッセージを描く。
 露骨な誘いかけに吹き出しそうになったトレイはスプーンを止めて、そして、リドルの書いた文字はちゃんと読み取れたらしい。読み取れて何よりだ。トレイ側から読めるように鏡文字に書いてやっただけある。
 眉間にしわを寄せて、それから、むにゅっと唇をゆがめる。ニヤつきそうなのを止めているのだろうけれど、結構間抜けな表情だ。
 『明日の朝のキミのメイク、ボクにさせてくれる?』
(なんだ、やっぱり、)
 寂しく思うのはリドルだけじゃないのだ。
 そしてこういう時に嬉しく思うのも。
 ニヤニヤしているトレイが間抜けで、可愛い。味なんかわからない、という顔でプリンを食べているので、美味しかったという事をベッドでちゃんと伝えてやろうと思う。
 それからいっそ、クローバーのマークではなく、キスマークにでもしてやろうか。
 その頬に触れているのが誰か、見せびらかしてやりたい気分だ。
(落ちてないけど終わらせよ。)
https://twitter.com/honey_come_on/status/1299699495937040384?s=20
twitter.com
あげた。
おとすやで。
カット
Latest / 99:29
カットモードOFF
07:10
ななし@2e6088
きゃー
07:27
まぐ
いえー
08:19
ななし@59ec9f
こんにちはー
08:32
まぐ
ちわわー
08:42
ななし@59ec9f
わわー
08:46
まぐ
落書きと言えばドゥードゥルスートー
09:09
まぐ
んーーーーうーん、でもなー、、、
09:27
まぐ
私先週どっち目線で書いてたっけ。
09:46
まぐ
先週がお誕生日よね。。。
10:08
ななし@2e6088
トレイ視点でケーキ作るリドルを見守ってましたね
10:36
まぐ
ハイ親切な方いた! ありがとうございます。
11:02
まぐ
じゃあリドルにしますか。
11:42
まぐ
あーーーーーーんん、思いついた、けど、デュースのホームセリフバレしていいですか?
15:24
ななし@031e88
私はかまわないですよー。入手したら自分でも聞きます!
16:03
まぐ
うむ。。。
16:05
ななし@031e88
2e6088です
16:18
まぐ
16:35
まぐ
大丈夫です。
16:42
まぐ
20分じゃん、流石に今週はやばい。
17:08
まぐ
なんかもうみんな私なら間に合うと思い始めている気がするw
59:05
まぐ
ああー遅刻――今週は遅刻だ――
78:22
まぐ
編集してくる―
78:22
まぐ
編集してくる―
89:05
ななし@031e88
おつかれさまでした!
93:38
まぐ
https://twitter.com/honey_come_on/status/1299699495937040384?s=20
93:44
まぐ
あげてきたぁ。。。。。
94:04
まぐ
ああーーーーーーーコメントくれてた女神がいた―――――――――女の方かどうかはわからんけど。
チャットコメント
文字サイズ
向き
チャットコメント通知
20200829「星」「落書き」「砂糖」トレリドワンライ
初公開日: 2020年08月29日
最終更新日: 2020年08月29日
ブックマーク
スキ!
コメント
8/29ワンライです。
21時から始めます。
気軽に覗いて行ってください。
第二回「或るトランプ兵の死」トレリド
読んでくださってコメント(キャーで良いです)を下さった方に出来上がった本を抽選でプレゼントする企画を…
まぐ
第一回「或るトランプ兵の死」トレリド
ネタバレ。こんなタイトルですが誰も死にません。「原則水曜日(一週間に一回希望)の20時~23時のうち…
まぐ
20210417トレリドワンライ「キャンプ」 「クローバー」 「涙」
お題「キャンプ」 「クローバー」 「涙」 21時まわってから気づいたので21時半からやります。
まぐ
夢を書くわよ
ゆめをかくわよだれかきめてない
ねむ