「しばりまち」
赤穂ほむらは異能力者である。
彼女の両腕には生まれつき炎の神が宿り、幼少よりその両手から灼熱の火炎を出すことが出来た。
ほむら自身はそんなことを考えたことなどなかったが、その火は普通の火と同じように草も家も人も燃やすことが出来る。だから、赤穂ほむらは周囲から恐れられて育った。
恐怖と偏見により孤独に育ったほむら。15歳のある日、彼女の家に手紙が届いた。
『しばりまち町長より、炎の腕を持つ赤穂ほむら様へ。しばりまちに来ていただければ異能力者の貴女を保護させていただくことができます。また貴女と同じ異能力者も在籍していますので、貴女の孤独を解決できるかもしれません』
しばりまち。変な名前だと思ったが、ほむらは同封された写真を見て心を動かされた。自分と同じくらいの年の少女たちが、顔を寄せ合って朗らかに笑っていたのだ。
肩から上だけしか写っていない写真にやや引っかかるものを感じたほむらだったが、その笑顔に嘘はないと感じた。
ほむらはずっと友達が欲しかった。もしかしたら、ここで小さい頃からの願いが叶うのかもしれない。赤穂ほむらが荷物をまとめて故郷を出るまで、そう時間はかからなかった。
この時のほむらに、こんなことが予想できただろうか。
まさか『しばりまち』に到着した途端、両腕を後ろに縛られて街中に放り込まれるとは。
「……なんで!?」
縛られて、放り込まれて数分後。
赤穂ほむらの第一声は、単純なツッコミであった。
「あら? 新入りの子?」
足と壁を使い、ようやく立ち上がったほむら。そこに声をかけたのは、やはり後ろ手に縛られた少女だった。
赤のショートヘアな自分とは対照的に、その少女は青のロングヘア。自分と同じくらいおっぱいが大きい。
「は、はい。赤穂ほむらです。私みたいな異能持ちを保護してもらえて、友達もできるって聞いたからここに来たんですけど…まさか縛られるなんて……」
ほむらの困惑した話し方に、青髪の少女はくすくすと笑う。
「町長は縛るなんて一言も教えてくれないものね。初めてくる子は皆そうなっちゃうわ。私だってそうだったもの」
心の底からおかしそうなくすくす笑い。ほむらはその顔が、写真にいた子のものだと気が付いた。そして、肩より上しか写されていない理由もようやくわかった。アレ全員縛られてたのか…。
「あら、ごめんなさい。自己紹介を忘れていたわ。私は青葉つらら。触ったものを凍らせる異能腕を持っているの」
「…今は、縛られてるから能力が使えないんだけどね。でも大丈夫。ここでは能力が使えない代わりに、ちゃんと町が守ってくれるから。ほら!」
そう言ってつららが目を向けた先には、金髪の縛られた少女がいた。やはりおっぱいの大きい金髪少女は、街にいた観光客らしき男達に胸を揉まれたようだ。
「きゃあっ!」
「グヘヘ、こんな街中でこんな美少女が縛られてるなんて触れって言うようなもんだよなあ!」
「へへへ…ん? なんだこれ?」
『…Yes拘束、Noタッチ』
「は?」
ガオン! いつのまにか男たちの側に出現していた黒い球に飲み込まれ、痴漢共は粉みじんになって死んだ。
「ひいっ…」
その光景にドン引きするほむらに対して、つららは慣れたように語る。
「この通り、『しばりまち』では異能者の女の子を縛って生活させる代わりに危ない男達から守ってくれるの。だから少し不便かもしれないけど、安心して生活してね?」
つららはそう言って微笑むと、すぐ近くのクレープ屋へと歩き出す。店主にイチゴクレープを注文し、なれた口さばきで肩から小銭を吸い出す。咥えた硬貨で支払いを済ませると、クレープの本来手で持つべき場所を口で咥えて戻ってきた。
「ふぉら、ふぉんふぁいはわふぁひのはーびふよ(ほら、今回は私のサービスよ)」
そして一切手を使うことなく、少女たちは歯と下で一つのクレープを分け合った。
10センチもない至近距離で、お互いの歯と舌はクレープが落ちないように支え合う。つららが生地とクリームを食むたびに、あたたかい吐息がほむらにかかってくらくらする。
近くで見るととてもかわいらしいつららの顔に見惚れながら、ほむらは人生初となる友達との買い食いを経験した。
後ろ手に縛られた二人の少女は、後ろ手のまま、吐息を絡ませてクレープを完食した。
「ごちそうさま。…あら、ほむらちゃん。クリームがついてるわよ」
更につららは、ほむらの頬についたクリームを優しく舐めとった。
「あ、あう……」
真っ赤になって俯くほむらに、つららは慈しみに満ちた目で微笑んだ。
「これからよろしくね、ほむらちゃん」
こうして赤穂ほむらの奇妙な生活が始まった。
Latest / 42:19
文字サイズ
向き
DIDワンドロやります
初公開日: 2020年05月09日
最終更新日: 2020年05月09日
ブックマーク
スキ!
チャットコメント表示
すずかぜさん主催の #深夜のDID60分一本勝負 に出すssを書きながら配信します
命縛キ譚設定・用語集
命縛キ譚で使う設定や用語とかまとめます。
ピク忍
命縛キ譚1話リメイク
支部に投稿した一次創作「命縛キ譚」のリメイク書きます。
ピク忍
夜更かし
お題をもらって60分の時間制限をつけ、いっせーのーせで書いたもの。
比企一
2020/07/05ワンドロ「ボールマン」
ほんとに一時間で書いてるんだぜとせっかくなので挑戦してみた跡地。今回はスマホで挑戦したし見切り発車だ…