20.タイムトラベラー「救う」「これでおしまい」「アンドロイド」
今日びっくりするほど言葉が出てこないですね
 世界を焼くような夕焼けだった。一面茜に染まった空はどこまでも果てがない。人間の眼球より余程広い視野を持ったこのレンズを以てしても、その全てを映すには至らなかった。茜の空に、烏の影がふい、と過ぎった。
 カア、カア、カア。鳴き声が遠く聞こえる。烏、何故泣くの。データベースに登録されている童謡が思い起こされ、私は搭載されていないはずの心が休まるのを感じた。ぎしり、と半壊した腕のパーツが軋む音がする。
 嗚呼、これで。これでおしまい。私の役目は、ようやくここで。人間の感情に変換するならば、安堵と呼ぶべき感覚がボディ全体に行き渡り、私はそこで、頭脳回線がショートするのを感じた。バチリ、と目元で火花が散る。
――嗚呼、これで。私はようやく、自分を救うことが出来ました。博士。これで私は、貴方にとっての失敗作ではなくなりますか。
 いつだって、終わりというのは唐突にやってくる。国の全土を焼き尽くす規模の隕石が観測されたのは、よく晴れた夏の日のことだった。
Latest / 25:35
広げて読む
SSを書きます(Part.1)
初公開日: 2020年05月01日
最終更新日: 2020年05月01日
次こそはきちんと書きたい
ssを書きます(Part.4)
これでお題全部消化になりますが、一番内容が思いついていないので迷走必至です
読みもの
水島新
ssを書きます(Part.3)
三回目です。わたしの体力がどれだけ保つかの戦いになってまいりました。
読みもの
水島新
ssを書きます(Part.2)
またssを書きます迷走が予想されますので広い心で見て頂けますと幸いです
読みもの
水島新
夢小説を書く
前回に引き続き、利吉さん夢を書きます。
読みもの
129
【テスト放送】(基本帝幻)ゆめのが叫びを消化されて慟哭する話
基本帝幻かなぁと思います。裏はないです。 地雷などは無言退室で……!!
読みもの
浅井ボウル