「ふんふんふん♪」
ご機嫌な様子で、陽介が着替えをしていた。
可愛く見てもらうためのメイクもばっちりで、クローゼットを漁ってはあれこれと引っ張り出して比べていた。
「んー、インナーに悩んでも、お店の制服で隠れるからなあ」
 悩んだ末、最初の服に決めてしっかり整えた『フォレスタ』の制服を着る。
 『お店を間違えたかと思うぞ』と母の初恵には苦笑いされたが、『気合いが入るから!』と頼み込んで採用してもらった。
 ぱたぱたと階段を降り、フロアへと入ると。
「おっはよーございまー……うわ、創じゃん」
「……もう、慣れたよ」
 レースをあしらった陽介の制服と対照的な、創のシンプルな和服。
 オープンの時間はやや早いが、出勤前に飲んでいくというお客さんも少なくない。
 一方の創は、神社の仕事の休憩がてら来るという。朝のまとまった仕事がなければ、こうして遊びに来るのだ。
「休憩?」
「ん」
 父同士が仲がよく、家族ぐるみの付き合いだが、創がなかなか気難しく柔軟な考えでもないので、しばしば陽介と喧嘩していた。そのたびに陽介にも創にもげんこつが飛んでいたが、成人する頃にはお互い落ち着いて、今では和服のコスプレなら、と創にも意見を求めるようになった。
 『混む前に何か飲むか、陽介』と初恵から聞かれたので、『カフェオレ!』と返した。
「……服、気合い入れた?」
「今日はメイクもノリよくてね」
「整ってる、服は、僕も好き」
「うん、創だって和服のよれたの、気にするでしょ」
「だね」
うらひと
休憩するので一旦止めます
35:25
00:00/00:00
広げて読む
縮める
読みもの

喫茶店フォレスタ 陽介編

反応まちまち
執筆開始 : 2019年11月09日 13:33
最終更新 : 2019年11月09日 14:09

コメント