「あれ」
久しく部屋の主を迎え入れた一室で、帰ってきたばかりの主の口からポツリと小さな驚きが零れます。
学園交流会を終え、ようやく帰路についた監督生は荷解きをしようとボストンバッグを開いた所、記念品にと送られたマスカレードの重厚な衣装の下から『それ』は見つかりました。
「なんだろう、これ」
白いふわふわの髪、まんまるとしたピンクのほっぺ、きりりとした眉に反して暗く沈んだ瞳……。
それはノーブルベルカレッジの伝統的な制服に身を包んだ、手のひらサイズのお人形です。
てろりと重たい布に包まれて、まるでおくるみの中の赤ん坊のように無垢であどけなく、少女がそっと手のひらですくい上げては頬擦りをしそうなほど、愛らしいぬいぐるみです。
そしてそれは明らかに、かの絶対魔法絶滅テロリスト、ロロ・フランムのぬいぐるみでした。
「誰かの入っちゃったのかな」
実在している人物のぬいぐるみは、ここツイステッドワンダーランドでは特に珍しいことではありません。親しい間柄の人物を模したぬいぐるみを交換したり、推し──いわゆるアイドルや有名人などを模したぬいぐるみなんかも巷では溢れかえっています。そういうぬいぐるみ達は、愛称を込め名前とぬいぐるみを合体させて、𓏸𓏸ぬい、と呼ばれています。そうですね、この場合は──ロロぬい、とでも呼びましょうか。
改めてロロぬいをじっくり眺めた監督生は、困ったなといったふうに眉を下げました。
「送り返すにしても、誰のか分からないし……そもそも、郵送費……」
鏡に頼んで花の都へ直接送り届けましょうか?
いいえ、あの学園長がたかだかぬいぐるみの落し物程度で鏡を使わせてくれるはずがありません。
ほんの少しばかり良心が痛みますが、何にせよ極貧生活を強いられているオンボロ寮に、はるか遠くの外国へ郵送するお金などありません。
困ったとは言いましたが、結論はもう既に出ているのです。監督生は優しくふわふわの白い頭を撫でました。
「しょうがないなぁ。君は今日からオンボロ寮の一員だ。よろしくね」
いくら憎かろうが、このようにふわふわと無垢な人形をゴミ箱に突っ込むなど、監督生には出来そうにありません。まして誰かの物であるかもしれないなら尚更です。監督生はそっとベット脇のサイドテーブルにロロぬいを座らせました。
そうして荷解きに戻る監督生の背中を、ロロぬいは深く沈んだまなざしでじっと見つめていました。
「捨てろ」
「だめ」
「ウウウ」
「何が嫌なの?」
「……何か、すっげぇヤなんだゾ」
「何か、って何?」
「ウウウ……!とにかく!イーヤーだ!」
部屋に戻ってきたグリムは、ベッドサイドに置いてあるロロぬいを真っ先に凝視して、にじりにじりと後ずさりしました。
かと思えば叫ぶように捨てろというものですから、監督生は面食らってしまいます。思わずだめだとは言いましたが、何がそんなに気に入らないか全く分からず、監督生はそっとロロぬいを手に取りました。
「こんなにかわいいのに」
「ハ!?おまえ、よくコレをかわいいって言えるな、オレサマの方が一億万倍!かわいいね!」
「よっ、その通り!可愛さの頂点!最高親分!」
「フフン!」
じゃない!とグリムは地団駄を踏みました。
上手く言えないモヤモヤが、彼の中で燻って上手に言葉が出せないようです。
むやむやともふもふの唇を動かして、やっぱり言葉が見つからず、グリムはツーンと拗ねました。
たしたしと苛立ちを足元で表しながら、「オレサマ、そいつと一緒になんか寝たくない。そいつをそこに置くんなら、下で寝る」とぷいとそっぽを向きました。
さてさて、監督生は困りました。何せこのふわふわの綿で出来たぬいぐるみの、どこに脅威を感じているのかさっぱり分かりません。監督生はグリムの感情を上手く読み取れず、首を傾げました。しかし今日入ってきたばっかりの新人を優先して、苦楽を共にした古株の意見を聞き入れないというのは筋が通りません。
「わかった、わかった。そんなに言うなら、この子は別の部屋に置こう。それならいいよね?」
グリムはむーんと眉間に皺を寄せます。
ぎゅうっと瞳に力を入れた後、ゆっくり瞬きをして、本当に仕方なさそうに頷きました。
そうして監督生とグリムは隣の使っていない部屋の窓際にぬいぐるみを置こうとしたのですが、暗い部屋にひとり寂しく置いていくのも忍びなく、監督生は木で編まれたバスケットにハンカチを敷き、そこにロロぬいをそっと横たえました。
それにげんなりした目を向けたグリムは、監督生の背中をぐいぐい押して部屋から出させ、ちらとロロぬいの方を見ると、イーッと歯を見せながら部屋の扉を乱暴に閉めたのでした。
ふむ、あの魔獣。勘だけはいいようだ。
さて、ここからが本題です。ロロぬいはゆっくりと仮初の体を動かしました。右手、左手、次に右足。順番に四肢を動かしていって、問題なく稼働することを確かめると、まるで妖精がぬいぐるみに命を吹き込んだかのように、軽やかにロロぬいは立ち上がりました。
キョロキョロと辺りを確かめ、大きい頭のバランスに四苦八苦しつつも、柔らかい布で包まれたバスケットの中からストンと飛び降りました。
ふん、と自慢げな鼻息が聞こえてきそうな素振りをして、ロロぬいは窓から外を覗きます。
ここからナイトレイブンカレッジが見える。やはり監督生くんの荷物に紛れこませて正解だった。
薄い雲のかかった夜空の下、月明かりに照らされて聳え立つ城にも似た校舎を見下して、ロロぬいは悪役もかくや、といったふうな悪どい(実際の表情は愛らしくあどけない顔のまま)笑みを浮かべました。
待っていろ、マレウス・ドラコニア……!
今度こそ貴様の弱点を探り出し、這い上がれぬ絶望の淵に叩き落としてやる!
……と、固く拳を握りました。(とても柔らかいもちもちの手で)
もうお分かりかとは思いますが、このふわふわで柔らかい綿のつまった愛らしいぬいぐるみはカムフラージュ。その真の姿は、ロロ・フランムがマレウス・ドラコニアの弱みを探るために用意した世にも恐ろしい魔道具なのです!(見た目はとても愛らしいので恐ろしさは半減)
まさかあれほどこてんぱんにやられたその日に、次の計画を立てる為の下準備を行うなど、いっそ
感服するほどの執念深さ。マレウス・ドラコニアも見上げた根性だと拍手を送りそうです。
時間が無い。監督生くんとあの魔獣が眠っている間に、行動しなくては。
……監督生くんの部屋はどこだ?
カット
Latest / 191:12
カットモードOFF
108:41
ありおき
なんで分かるの??
108:46
ありおき
うちやけども
108:56
ありおき
とりあえずハート送るわ
109:25
ありおき
今何文字?
109:49
ありおき
ここってまだ導入部分?
110:05
ありおき
あと4000文字も無い……?ってこと??
111:00
ありおき
1回起承転結をまとめてからいらないとこ削れば?
111:13
ありおき
削りたくないよねぇ
111:25
ありおき
そうだよねぇ
112:31
ありおき
もういっその事『続きは本編で!』でいいんじゃない?
チャットコメント
文字サイズ
向き
チャットコメント通知
ロロ ぬい 感覚共有
初公開日: 2023年01月24日
最終更新日: 2023年01月26日
ブックマーク
スキ!
コメント
まだ煎じられてない……まだ煎じられてない……