夏っぽいイメージで何かしらを書きたいなと……
コメント欄を表示すると本文が切れるのかコレ・・・
設定変えられたわ
教室についてから未定だったりする。
友人の元気美人の名前が思い浮かばないなう。
----
短編「サマーすくーる」
うだるような暑さの中、学校への道を歩く。
アスファルトで舗装された道は、これでもかと熱せられ陽炎すら見える有様の中、目の前にはそんな暑さを感じさせない涼し気な顔をした幼馴染のクーがいる。
「あづい……なんで、そんなに澄ました顔で歩いてられるんだ」
長い髪をサラリと流し、振りむいた彼女は普段通り感情のわかりにくい表情のまま、涼やかな声を響かせる。
「こうも日差しが強ければ、暑くない者はいないだろうな。かく言う私も非常に暑い」
本当に暑いのか表情だけではいまいちわからないが、鞄から扇子を取り出し扇ぎだした姿を見るとやはり人並みに暑いのだろう。
そして、その扇子には見覚えがあった。
「その扇子毎年使ってるんだな」
「君から貰った物だからな。大切に使わせてもらっているよ」
いつぞやの旅行先でお土産にと渡した物なのだが、夏場になると毎年使ってくれているらしい。
黒塗りに望月が浮かび、兎が跳ねるという何とも若者向けとは思えないモチーフだが、彼女は兎が可愛らしいと気に入っている様子だった。
「ほら、君にも風を送ってやろう」
そう言って彼女は、パタパタとぬるい風を届けてくれる。
「ぬるい……が、無いよりましか……」
「今日行けば、明日から涼しい部屋で過ごせるのだからいいじゃないか」
夏休みを目前に控えた終業式当日ということもあり、先日のテスト期間より幾分足取りは軽いはずなのだが、夏本番の気温を連日叩き出す予報と、それを裏付ける早朝からの暑さが足取りに重りを付けていた。
そんな道のりも数十分も歩けば、学校へたどり着くもので、ようやく冷房の効いた教室へ入れると足に付いた重りも取り外される。
廊下を進むと、いつもなら冷気を逃さないように閉め切られた教室なのだが、おかしいことにありとあらゆる窓が開いている。
嫌な予感がじわりと背中を流れる汗とともにやってくる。
日陰となった教室はわずかに気温が低くとも、外気温と変わらぬ暑さだった。
「なんでエアコンついてないんだ?」
思わず低い声でつぶやいてしまう。
入り口付近にいたクラスメイトは、操作ボタンを指さす。
「好きなだけ運転ボタン押してみ」
横にいたクーが壁に設置されたボタンを押してみるが、反応がない。
「職員室で制御しているからじゃないか?」
「学校全体でエアコンの制御基板の故障で使えないんだと」
「マジかよ……」
既に到着しているクラスメイトは、各々下敷きやノートをうちわ代わりに風を送っている。
「つかないものは仕方ないな」
早々に諦め自身の席へと向かうクーの後を追い、彼女の後ろの自席に鞄を置く。
ホームルームまで20分ほど時間がある。ひんやりとした汗拭きシートの感覚を楽しみつつ、べた付いた肌をすっきりさせていく。
クーはといえば、特に授業の予定もないため既に渡された夏季課題を取り出し回答を記入していくのだが、さすがに暑いのか長い髪をまとめだす。
少し高い位置でまとめられたポニーテールと、白いうなじにわずかに浮かぶ汗が妙に生々しいなと思いつつ目をそらす。
2枚目のシートを額に乗せ下敷きで扇いでごまかす。
「後ろからいくらでも見てくれて構わないから、私も一枚貰って良いか?」
こいつ後ろに目でも付いているのか驚きつつ、「はいよ」と適当に渡す。
「ありがとう」
まぁ見てて良いと言うなら存分に。
切れ長の目は閉じられ、顔を丁寧に拭いていく。
ごしごしと拭かないあたり何か自分との違いを感じる。
そうして首へと下がっていくと、律儀にすべて閉じられたボタンを一つだけ外す。
わずかに覗く華奢な肩に視線が吸い込まれるが、今回は逸らさない。
堂々と見ていると後ろから叩かれた。
「このくそ暑い中、教室内の気温上げないで貰える?」
いつの間にか登校していた、後ろの席の友人である●●だった。
正確にはクーの友人であり『クーを嫁にしたければ、アタシを倒してからにしてもらおう』なんてクーの父親と同じようなことを宣うやっかいな奴だった。
クール系美人と元気系美人のクラス内人気投票を二分する二人に囲まれて、他の男友達からは殺意に近い視線を向けられることもしばしばなのだが、すまんうちの幼馴染は渡せん。
「俺は無実だ」
「いーや、クーへの熱い視線でこの教室1度上がったね」
「それなら、お前の行動でも1度上がったね」
などと下らない言い争いに興じていると、クーはすでに拭き終わっていた。
「おのれ●●。お前のせいで、いろいろ見逃したじゃないか」
「いい気味ねっ!」
やれやれと言った様子でクーは「君はもっと薄着の私も見慣れているだろう」と燃料を投下する。
おっと、クラス全体からもやや刺すような視線を感じる。
「水着とか部屋着の話だからな?」
「それ以上内側を見ていたら、私がその目をつぶしているところだったわ」
今日はここまで!
続きは裏で書くか、テキストライブで!
カット
Latest / 121:26
カットモードOFF
文字サイズ
向き
チャットコメント通知
題名の無い素直クール#06
初公開日: 2021年06月28日
最終更新日: 2021年06月28日
ブックマーク
スキ!
コメント
眠くなるまで思いつくままに書いていこうかと
題名の無い素直クール#04
物語を書くと言うよりネタ出しと言う名の雑談ならぬ雑書をしてみます。書いてみたいシチュエーションをメモ…
わほ
魔法は物理で乗り切る素直クール
「題名の無い素直クール」でネタだししていたものを書いていこうと思います。
わほ