七井さんへのお題は『クリスマス』の季節に『早朝』『カフェ』で『香水』『国境(線)』『ビジネス』のワードが出るものです。
オッケー頑張る。
=====================
 冷え切った上に乾燥した空気が店内に居る人間の鼻を刺激する。
 扉の無い出入り口から容赦無く流れ込む風が店内を駆け巡り、換気だけはとびきり良い状態だ。
 モーテルの一階に在るカフェの店内にはまばらに、もとい三人しか居ない。
 しかも、一人は店を切り盛りしている老人なので客は二人きりだった。
 一人は女。
 派手な朱色の口紅が肌の白さからは少々浮いており、手入れを怠っているのかまとまりの無いくすんだ長い金髪と地味な顔立ちも有ってちぐはぐな印象を受ける。
 年の頃は二十歳になるかならないか、と言うところだろうか。
 服装は少しくたびれた黒のロングコートに裾が擦り切れたジーンズ。首には淡い水色のスカーフを巻いていた。
 もう一人は男。
 目鼻立ちは整っているが、肌の色や顔立ちを見るとアジア系の人間だと分かる。
 一旦短く切ってから伸ばし続けたのか目元を隠すほどの長さの黒髪は少し硬そうだ。
 彫りの浅い顔は若く見えるものの、異国の地で一人きりの割に落ち着いている様子は老成しているようにも感じられた。
 こちらの服装は濃い茶色のダウンジャケットに黒いパンツ。膝下まである編み込みブーツは使い込まれていると同時に手入れをしっかりと施されているらしく、天井から降り注ぐ照明を鈍く反射させていた。
 女の手元には既に冷め切ったコーヒーが半分ほど残ったカップが。
 男の手元にはまだ湯気を立てているコンソメスープ入りのカップが。
 女はもう一時間以上もこのカフェに居るが、カップの中身が減る様子は無い。
 男は十分ほど前にここに来たばかりで、席に着くなり朝食を注文し、真っ先に出されたスープを一口飲んで小さく息を吐くと椅子の背もたれに身体を預けた。
「サラダ」
「どうも」
 老人が、無造作にちぎってガラスボウルに放り込んだだけにしか見えない数種類の葉野菜が混ざった物を男の傍に置く。
 一応ドレッシングは掛かっているが、薄い黄色をしたそれが何で出来ているのかは男に説明されなかった。
 国境に近い小さな町のカフェ。
 長距離バスの乗継地としてそれなりに人間の往来は有るとは言え、人口自体は少なく寂れた雰囲気が漂っている。
 その割には葉野菜の質は良いようで、ボウルの中身は瑞々しかった。
 単に出しやすい料理から出しているのか、コース料理的な意味合いで順番が決められているのかは分からない。
 どちらにしても男は気にしていない様子でテーブルの端に置かれた筒状の容器に突っ込まれたフォークを右手で取り、葉野菜とドレッシングを良くかき混ぜてから幾枚かを突き刺して口へと運んだ。
「……オリーブオイルに、レモン、塩、あと……ローズマリー、か?」
 ゆっくりと咀嚼してから飲み込み、呟いたのはドレッシングについてだったらしい。
 再びフォークで葉野菜を突き刺しながら緩く首を傾げた男を、コーヒーカップを両手で包み込む形で持ったままの女が見た。
 伏せ気味の視線は何処かおどおどとした気配が有り、目の下には隈がはっきりと浮き出ている。
 瞳の色はヘーゼルで、真っ直ぐ人を見つめれば魅力的であろうに、実際は覇気の無い暗い光を湛えているだけだった。
 じっと見つめられているにも関わらず、男は見つめ返す訳でも無く黙々とサラダを食べ続ける。
 やがてボウルの中身を全て平らげ、フォークをそこに入れると空いた右手でカップを持ち上げ、まだ湯気を立ち上らせているコンソメスープを飲んだ。
「レンズ豆のスープ」
「どうも」
 老人が次に持って来た皿には、良く煮込まれているのか茶色に染まった豆ととろみの付いたスープが白米に掛けられた物と、付け合せらしき小ぶりなジャガイモが二つ乗っていた。
 老人も男も余計な会話は交わさず、皿を置くと入れ替わりにガラスボウルを取り上げて店の奥へと戻って行く老人をよそに、男はフォークが突っ込まれていた容器から新しいフォークを取ると豆をすくい上げて口に入れる。
「……トマトに、玉ねぎ……塩……は入ってねェなこれ。旨味みたいなモンは出てるようだが……」
 またも時間を掛けて咀嚼した男だったが、今度は傾げる首の角度が深い。
 もう一口分の豆をすくい上げ、口へと運ぶ様子を女は見つめ続けていた。
「やっぱ香辛料とかは無しか……朝食うには美味いよな。コウタロウは朝からでも入れたいだろうけど」
 男の声は二人しか客の居ない店内で控えめに響く。
 呟きの中に野菜の名でも香辛料の名でもない単語が混ざったのに、今度は女の首が傾げられた。
「何だ。人の独り言が気になるのか」
 突然自分に向けられた言葉に、女がびくりと身体を震わせる。
 咎める口調ではなかったのだが、余りにも反応が大きかったからだろう。
 男は手を止めて、女へと顔を向けた。
「別に怒っちゃいない。俺も一人でぶつぶつ言ってた訳だしな」
 気にするなとばかりに上げられた左手が振られる。
「アンタが気になったのは、多分、人の名前だよ」
 コウタロウ。ともう一度男が単語を発する。
「滅茶苦茶カレー好きで、普段からカレーばっかり食べてるし、自分でも作ってる」
「……貴方のお友達?」
 まだ完全に安心した訳ではないのか、伏せ気味の視線のままで問われると男が笑った。
「友達じゃねェな」
 否定した癖に、男の顔からは笑みが消えなかった。
==========今日はここまで===========
カット
Latest / 91:51
カットモードOFF
45:57
七井例
それにしても45分で1500文字行ってないの遅すぎんか
51:12
ななし@fdf234
こんにちはー水上です。テキストライブってなんだ?と思って見に来てみました。
51:43
七井例
いらっしゃいませー!私もなんだこれと思って試しにやっています(笑)
61:58
ななし@fdf234
これ、上の見てないとこ見ようとスクロールさせても、執筆中だとカーソルの位置に戻されちゃうんですね(笑)。
62:23
七井例
あー、それはちょっと面倒な仕様ですね。
62:56
七井例
30分以上配信しているつもりで書いていた部分が読めない(笑)
63:18
ななし@fdf234
www
63:57
七井例
もうちょっと書いたら今日は終わるので、このままお待ち下さいw
65:35
ななし@fdf234
はーい。あくまでテキストがライブで生まれてくるところを見ろ、という仕様なんですね(笑)。
66:05
七井例
面白いんですかねこれ!?
69:30
ななし@fdf234
何かが出来上がってくとこを見るの面白いです。
70:04
ななし@fdf234
あ。「追っかけスクロール」をOFFにするとカーソルを追尾しなくなりました。
70:22
ななし@fdf234
これで上の方が読める♪(笑)
70:22
七井例
(まあぐっだぐだで書いてますけどね!!)
70:45
七井例
あ、そんな便利システムが(全然そういうところ見てない人)
71:30
七井例
今日はここまでですかねー
72:28
ななし@fdf234
おつかれさまでした!
72:36
七井例
70分くらい頑張った割に、2200文字……
72:44
七井例
ありがとうございます!
73:17
七井例
他の方はどれくらいのペースで書いてるんでしょうねぇ。私はばっちり遅い方だと思ってますが
73:40
ななし@fdf234
どうなんでしょうねえ。
74:15
七井例
世間の基準が分からないw
74:19
ななし@fdf234
水上の周りの字書きさん、速筆なひとが多いのでフツウがわからないです。
74:59
七井例
速筆……! 羨ましい!!
75:37
七井例
勢いで書いたので、今日のはまだ早い方かもしれない……です……多分(弱気)
76:52
ななし@a2ff62
しゅごいしか言えなーい!
76:54
七井例
一日1万字とか良く聞きますけど、このペースなら半日頑張れば行けるのかも……?
77:39
ななし@a2ff62
速いのに表現がされている…しゅごい…ふわぁ
78:24
ななし@fdf234
七井さんは作業時間がみちっと取れたら行けるのでは?<1日1万字
78:39
七井例
五分で舞台設定考えて、あとは勢いでしか書いていないので、後からいっぱい手直ししないといけないやつですねこれ
79:44
七井例
そうですねー。黄龍ルートの別れ話している辺りとかは脳内でシーンがばっちり出来ていたので、それくらいのペースで書けていたと思います
80:42
ななし@fdf234
5分+イキオイでここまで書けたら十分だと思います。字書きさんはすごい。
81:18
七井例
まだクリスマスと香水とビジネスはお題消化してませんけどね!!
81:29
ななし@a2ff62
舞台設定を5分で!
81:53
七井例
はい五分で!(終わりましたけどいらっしゃいませ!)
82:25
ななし@a2ff62
終わってからお邪魔していますやぎこです
82:27
七井例
いつになるか分からない後半で、残りのお題は出る予定。と……
83:26
七井例
やぎこさんだったー! ほぼ70分クオリティの短編(未完)にようこそ!
83:57
ななし@fdf234
これはユーザ登録しないと、ずっとななしさんなのかしら。
83:58
ななし@a2ff62
タイミングに出会えたら今度は生まれてくるところ見たいです〜
84:29
ななし@a2ff62
新規登録しないといけないのかしら
84:36
七井例
なんか、チャンネル作るとアーカイブが見られるみたいなので、良かったら作りますよーぐっだぐだですよー
85:02
七井例
見るだけなら登録いらないけど、名前つけるなら登録しないとって感じですかね
85:35
ななし@a2ff62
お手間じゃなければ見たいですっ
86:15
ななし@fdf234
アーカイブも見られるんですね。すごいな。
86:15
七井例
じゃあ後でチャンネル作成しますー
87:16
ななし@a2ff62
ななし多数でしゃべってると会話としては難しそうですね
87:41
七井例
末尾の文字列で認識するしかないですかねこれ
87:59
七井例
(ここで配信停止したらチャットがどうなるのかを確認していないことに今気づく)
89:03
ななし@fdf234
発言の前に[水上]とか名乗ってみるとか。<ななしの会話
89:33
七井例
あ、それならわかりやすいですね
90:07
七井例
とりあえず12時になったら一旦配信停止して、チャンネル作成頑張ります!
90:31
ななし@a2ff62
入り口ツイートで名乗りをお願いしとくようなあれですね
90:57
ななし@a2ff62
ありがとうございました!
91:14
七井例
なるほど&見ていただいてありがとうございました!
91:42
ななし@fdf234
では、お邪魔しました。原稿にもどります。(見ながらも描いてましたが。)
91:47
七井例
次回は未定ですがよろしければまたお付き合い下さい!
チャットコメント
文字サイズ
向き
チャットコメント通知
もらったお題で書いてみよう
初公開日: 2021年05月28日
最終更新日: 2021年05月29日
ブックマーク
スキ!
コメント
とりあえず黄龍ルートの皆主で。