「ん……?」
 石田くんに呼ばれ、山を駆け出してしばらく。
 浦原さんからもらったマントのおかげで、人目を気にすることがないのは助かる。
 夜風に顔が当たり、心地よさを感じるとともに、顔だけ出てしまうのを防ぐために、フードを抑える。
 木から木に。
 電灯から電灯に。
 道路を駆けて、街明かりが見える。
 そして空座町に入ってからしばらくして、探知に何かを感じた。
 一護に似た……けど、こっちの方が強い。
 それが分かる、洗練さ。
「……死神?」
 そう思うと同時に、一つの気配が急に現れる。
 石田くん。
 少し特殊な気配。
 まるでとても存在感の強い武器を持っているかのような、そんな気配。
 先日の巨大虚との戦いで、少しイメージは理解している。
 そんな気配が、何かと戦っている?
 死神の霊圧は……3つ?
 戦っているのは、1つ。
 他の2人は……動きはない。
「奇襲……」
 気配を消していける。
 姿もマントを利用していると消えることができる。
 けど、死神側からしたらどんな気持ちなのだろう。
 いきなり知った風な感じの知らない人間が目の前に現れたら。
 ……これは脱ごう。
 修行用の色々を持ってきているリュックの中に、マントを強引に詰め込む。
 その間にも、石田くんと死神の気配は戦いを進めている。
 ……っ?!
 石田くんがやられた?
 いや、やられてはいない。
 怪我をしたのか……。
「もしかして、やばいのか」
 ちょっと悠長にことに構えていたせいで、やばそう。
 別にここから遠いわけではない。
 多少運頼りにはなるが、屋根に飛び乗って走っていくか。
 服装は暗めの服だし、大丈夫だろう。
「っし」
 呼吸はなるべく使わない。
 相手が死神ということは、呼吸をすれば見つかる可能性が高い。
 ……いや、呼吸をすれば見つかるかどうかは知らないんだけど。
 でも、ジジイには呼吸をすると動き読まれるから、やって損はないはずだ。
 雷の呼吸は、その速さにあるが、本来は気づかれる前に斬ることが最適とされているため、隠密も叩き込まれる。
 虚が相手だと基本防衛戦から、隠密の必要はあんまりないから、役には立たなかったけど。
「ふぅ」
 息を吐く。
 力を入れるのではなく、力を抜く。
 本来気配も殺意も敵意も感情も、力とともにある。
 だから、力を抜くことで、自分を希薄にする。
 行くか。
☆☆☆☆☆
 無様だ。
 今の僕の様相を、まさにそう表現するのだろう。
 死神の気配を3つ感じた。
 2人までならまだしも、3人は多いと吾妻くんに連絡したが、まだ来てないらしい。
 2人どころか、1人にすらやられてしまうとは……。
 もしこれを黒崎に見られたら、笑われてしまう。
「阿散井恋次。
 テメェを殺す男の名だ」
 動けよ、体。
「なっ?!」
 体に感じる振動。
 何かが地面に衝突し、その振動が伝わってきたのだろう。
 体が揺れる。
 その振動が、感じる霊圧が、やけに心地よくて、
 意識が……
「黒崎一護!
 テメーを倒す男の名だ!
 ヨロシク!!!」
☆☆☆☆☆
 黒衣に身を包んだ人間が4人。
 一人の少女。
 黒衣の人間は、そのうちの2人が、白い羽織を纏っている。
「なぁ」
「……」
「あの少年オモロイなぁ」
「…………」
「大きい斬魄刀に、バカでかい霊圧」
「敵ではない」
「そう連れないこと言わんといてって。
 ボクはただ与太話をしたいだけやから」
 白い羽織を纏う二人は、会話をする。
 背に大きく漢数字の六を記した羽織を着用しているのは、美男子。
 黒髪の美男子は、難しい顔をして、黒衣の蓋地を眺めている。
 もう一人の白衣を着た男の背には、大きく漢数字で四が記されている。
 銀色の髪をした、青色の目の男。
 雰囲気からも分かる通り、飄々とした雰囲気と、黒髪の男は雰囲気があっていないようだ。
「それでも、あの子がまだあれ以上の霊圧を隠し持っていて、始解もできるんなら、話は別やない?」
「その時は、出る」
「与太話って知ってます?
 別にいいんやけど、それじゃあ女の子にモテんよ?」
 黒髪の男は、その言葉にギロリと睨みつけた。
 オー怖い、そんな芝居めいた言葉を口にしながら、銀髪の男は顎に手を当てる。
「……それにしても、弱かったんやね」
 銀髪の男の目には、切り裂かれた黒衣の、オレンジ髪の男の姿が映る。
 もう1人の、赤髪の黒衣の男は、オレンジ髪の男に対して、何かを話している。
 そうして、トドメだと言わんばかりの、赤髪の男の、蛇腹刀による斬撃。
 どう見ても、終わり。
 これでオレンジ髪の男は切り裂かれ、終わる。
 ガキィン!!!
 だけど、そんな未来は訪れない。
「は?」
 誰の言葉なのかは知らない。
 けど、その言葉を口には出さずとも、心の中に出したのは、この場にいる皆の総意。
 1人の少女も、斬撃を止めようと体当たりをしようとしていたが、その動きを止めた。
「あの……話し合いでなんとかならない状況?」
 それは、週所の知る人物。
 倒れた男の呼んだ人物。
 そして、
「一護、お前また倒れるんか?」
 オレンジ髪の死神の、友達。
Latest / 43:23
文字サイズ
向き
BLEACH鬼滅二次創作 29話【連載】
初公開日: 2021年03月01日
最終更新日: 2021年03月01日
ブックマーク
スキ!
チャットコメント表示
BLEACH鬼滅の二次創作を書きます。
29話です。
次の展開とかまじ思いつかないけど書いてればなんとかなるだろう理論。
前回のテキストライブ→https://txtlive.net/lr/1614491680556
次回のテキストライブ→まだ
作品URL→https://syosetu.org/novel/245544/
BLEACH鬼滅二次創作 48話【連載】
BLEACH鬼滅の二次創作を書きます。48話です。 腕の痛みを何とかするためにマッサージと言うか腕の…
菊の花の様に
BLEACH鬼滅二次創作 47話【連載】
BLEACH鬼滅の二次創作を書きます。47話です。 最近左腕に痛みが走りまして、そのせいでスマホ投稿…
菊の花の様に
BLEACH鬼滅二次創作 46話【連載】
BLEACH鬼滅の二次創作を書きます。46話です。 やっぱり急いで投稿しようとするとろくなことないな…
菊の花の様に
m
ウォーミングアップ
散文を書き散らします。手が慣れてくるまで。
mee