エジが淹れてくれた豆茶を飲んでから、ゴールデンハイム村の村長にあいさつに行くことにした。
 侵入者と騒がれて、弓矢を向けられたらどうしようかとはらはらしながら、暁はエジの後についていく。
 風呂に入り、エジの服を借りて綺麗になったからか、現金にも、フォレスは暁に抱っこしろと命令した。貴重なエネルギーを神の威光で無駄にされてはかなわないので、暁はしぶしぶフォレスを抱き上げた。
「お前さあ、自分で飛べよ」
「人間の身でありながら、神に触れられる栄誉に感謝するがいい」
「へいへい」
 風呂に入って、お茶で一息ついた暁には余裕がある。小さな子どもに接するような態度で、フォレスの傲慢な言い分を聞き流した。
 そして、村の奥まった場所に来た。村長の家は、周りよりも若干高い所に建っている。
 エルフ達は弓矢や槍を持って、ピリピリした空気で歩き回っているのに、なぜかエジと暁には目もくれない。
(エジの影の薄さ、すごすぎる……)
 一緒にいる暁まで周りから見えなくなっているようだ。いったいどういうことなのだ。
「フォレス様にお会いできて、本当にうれしいです。実は僕も十二人兄弟の末っ子なので、親近感があるんですよね」
 歩きながら、エジがのほほんと笑う。
「ええっ、お前、十二人兄弟なの!? すげえな」
「アカツキよ、エルフは長生きなのだから、人間と比べればこれでも少ないほうだ」
「言われてみればそうだな」
 フォレスに指摘され、暁はなるほどと思った。
 人間の場合、寿命が長くて百年ほどだが、エルフほど長生きなら、それだけ子どもが増えてもおかしくはない。
「エルフは長命ですが、その分、子どもができにくいので、僕の家族くらいで普通ですよ。両親は仲が良いので、そのうち弟妹ができるかも」
「エジの家族はどうしてるんだ?」
「両親と長兄は村にそれぞれ家を持っていますよ。旅に出ている兄弟もいれば、結婚でよその村に引っ越した兄弟もいます」
「え……旅に出て大丈夫なのか? イメージ的に、エルフって貴重種族だから閉鎖的なのかなって」
 エルフが人種差別にあったり、人身売買にあうのはファンタジーもののお約束だ。
 気にする暁に、エジは首を傾げる。
「王族や貴族は貴重かもしれませんが、平民は特に。まあ、他の種族に比べれば、魔法の素養は高いですし、森が好きなので引きこもりとか言われてますけど」
「引きこもり! 好きな単語だぜ」
「はは、そうですか。大神官様は面白いですねえ」
 エルフとは気が合いそうだと勝手に親近感を抱く暁を眺め、エジはちょっと不思議そうにしたものの、笑みを浮かべた。
「それだけ大家族なのに、一緒に暮らさないのか?」
「成人したら、たいていは土地と家を与えられて独立しますよ。余裕があれば、親が仕事の世話くらいはしてくれますけど、あとは放任主義ですかねえ。うちの村はそんな感じです」
「へー」
 長い時を生きるからこそ、家族でも適度な距離感が必要なのだろうか。
 暁にはうらやましい価値観だ。
「まあ、僕は家族からも忘れられがちでしたけど」
「えっ、育児放棄!?」
「アカツキ、ぐいぐいツッコミすぎだ」
 思わずこぼした暁の頬を、フォレスが羽でぐいぐい押した。うざいが、フォレスの言い分はもっともなので、暁は気まずく思う。だが、エジは手を振った。
「すぐ上の兄と姉が双子で、それは暴れん坊だったので、両親も兄弟も手を焼いていたんですよ。大人しい僕はありがたがられました」
「そういう理由!?」
 エジをこれほど影が薄い存在にさせるとは、暴れん坊の双子ってどんな感じなのだろうか。
 たぶん気が合わないと、暁は察した。
「その双子はどこに?」
「そんな暴れん坊が、村で静かにしているわけないじゃないですか。冒険の旅に出かけましたよ。最近は、どこぞの勇者のパーティに入って、竜退治をしたとか。突然、竜の頭を送り付けてきたので、両親がおびえてました」
「まさに暴れん坊……!!!!」
 家族に魔物の首を送ってくるなんて、ぶっ飛びすぎである。そりゃあ親だって悲鳴を上げるだろう。
 エジは苦笑した。
「正直、二人が村を出て、村人達もほっとしています」
「だろうなあ」
「よくそんな耳長が、我が森を荒らさなかったな」
 フォレスのつぶやきに、エジはすっと目をそらす。
「ええ、もちろん、二人は森に踏み込みましたよ。ですが、悪意のある者は道に迷って追い返されるでしょう?」
「結界が健在の時はそうであったな。うるさい輩は迷惑だから、来なくて助かった」
 フォレスは正直な感想をつぶやき、エジに問う。
「お前達は大丈夫だったのか? 闇の神が魔物を送ってきたせいで、近隣の村や町が襲撃されたようだが」
「魔物のせいで、村がピリピリしているんですよ。魔導具で防いで追い払いましたので、この村は被害はありません。人間の村のほうは悲惨なことになっているみたいで……。そちらからの難民が盗賊になっているらしくて」
「ひえ。二次被害に発展してんのな!」
 ひどい事態だと、暁は青ざめる。
「エルフって人間が嫌いなのか?」
「人間ではなく、よそ者が嫌いですね。魔導具狙いで、たびたび襲撃を受けるので」
「そりゃ嫌いになるわ!」
 難民を支援しないのかなと思ったが、理由が理由だけに、暁は何も言えない。
「俺、ここにいて大丈夫なの?」
「フォレス様と一緒なら敵視されませんよ」
 エジがにこっと笑い、暁は初めてエジの笑みにうすら寒さを感じた。
Latest / 46:49
文字サイズ
向き
神庭の番人 つづき 2-5
初公開日: 2020年12月15日
最終更新日: 2020年12月17日
ブックマーク
スキ!
チャットコメント表示
つづきを十分だけ書く
紅白戦~テスト放送の意~
テキストライブ初心者がどんな感じだか探りつつ創作戦国ワンライやる。今書いているもの→創作戦国、蒲生氏…
並木満
BLEACH鬼滅二次創作 24話【連載】
BLEACH鬼滅の二次創作を書きます。24話です。 テキストライブ内でタグ検索を使用すると、最近使用…
菊の花の様に