「村長、エジリエストリエンリッターノです。ご在宅でしょうか」
 ゴールデンハイム村の村長宅の扉を叩き、エジは声をかける。
 しばらくしてドスドスという足音を立てて現れたのは、見上げるほど大きなマッチョエルフであった。
 息をのむ暁の前で、彼は周りを見回して首を傾げる。
「ん? 悪戯か?」
「あの」
「うお! エジではないか! 目の前にいたのか、相変わらず影が薄いな!」
 まさか目の前にいるのに探すほどとは。
 そこでようやく暁とフォレスも視認できたようで、男の眉が吊り上がる。
「よそ者が何用だ!」
 暁は固まった。人見知りが発動して、おどおどする。
「あ、あの、お、お、俺は……」
「おい、どうした、アカツキ。急にどもりだしたな」
「うっせえぞ、フォレス! 人見知りだって言っただろ!」
 動物相手なら人見知りも出ない暁が言い返すと、男が目を丸くした。
「まさか……森の神フォレス様でいらっしゃるのですか?」
「さよう。この者は、私が森の修復のために召喚した異世界人だ。アカツキという。手出しするでないぞ」
「ははーっ」
 不遜に言い放つフォレスを前に、男は土下座した。
「うわあ、この変わり身の速さ……。ありがたいけど、引くわぁ」
 暁が小声でぼやく。
 聞こえているエジが苦笑しながら、暁と会ったいきさつを話す。
「というわけで、我が家でお世話しておりますとお伝えに来た次第です。村人にも、大神官様を攻撃しないようにお知らせください」
「ああ、すぐにそうしよう! グエン、伝令を頼む」
 男が使用人を呼んで、伝令を言いつけた。すぐにエルフの若者が走り出していく。
 身なりを整えた男は改めて暁にあいさつする。
「私はこの村の村長、ベスケルハイムエドウィッジと申します」
「ベ、ベスケ……?」
「ベスケルとお呼びください」
「僕は宵谷暁です。アカツキと呼んでください」
 完全に親戚の集まりモードになった暁は、引きつった笑みとともに言った。
「僕だぁ~?」
 フォレスがすぐに口を出す。
 大雑把らしきベスケルはすでに違うほうを向いていた。家の奥に向けて呼ぶ。
「リザ、ツィー、こっちへ。森の神様がお越しだ」
 この声に慌てた様子で、美女と美少女が現れた。黒いローブを着てフードをかぶった美少女は、じめっとした空気を漂わせている。
「まあまあ、神様にお会いできて光栄ですわ。リザロッテシャルルハイネです」
「……ツィーデルレジハイムエット」
 感じよく挨拶する美女に対し、美少女はぽつりと名前だけ呟いた。
(なんでそんなに舌を噛みそうな名前ばっかりなんだ!)
 暁は助けを求めて、エジを凝視する。エジは短縮名で紹介しなおした。
「リザさんと、つっくんです」
「ツィーデル!」
 ツィーデルが噛みつく。
「え? くん?」
「つっくんは男ですよ」
「エルフの美人さ、こえぇーっ」
 どう見ても美少女なので、暁はおののいた。
「僕の幼馴染で、魔導具開発の研究者ですよ」
「ああ、魔導具制作を任せてるって言ってた幼馴染か。えーと、ツ……ツイ……ツッ」
 暁ががんばって発音しようとしていると、ツィーデルはものすごく不満そうに妥協した。
「つっくんで良い」
「ありがとう! つっくん!」
 思わず人見知りも吹き飛ぶほど感謝した。
「えっと、その噛みそうな名前はエルフ特有のものなんですか?」
 暁の問いに、ベスケルが頷く。
「そうです。エルフは家名を持ちませんが、それぞれ名前が長いんですよ。魔よけのためです」
「魔よけ」
「アカツキよ、この世界では信心深い者は、名前が長い傾向がある。ここは神庭のすぐそばにあるであろう? 私を慕って集まった耳長が、森を守っているのだ。ちなみに、特に命じてはいない」
「押しかけガードマンってこと?」
「そうだな」
 そういうことなら、ただの村なのに、戦士がそろっているらしきなのも理解できる。
「大神官様、よかったら我が家で夕食でもいかがですか?」
「いえ、突然は悪いので……」
 こんな陽キャ全開の男と同じ空間で食事するくらいなら、あの寂しい洞窟で果物をかじっているほうがましだ。暁は逃げに走る。
「村長、今日はお詫びをかねて、僕がごちそうしますから大丈夫ですよ。泊まっていくでしょう? あ、でも、神庭にお帰りになりたいですかね?」
「泊めてくれんの? やった! よろしく!」
 自然と笑みを浮かべる暁の様子を見て、ベスケルは残念そうに肩を落とす。
「同年代くらいのほうが気楽ですかね? いつでも遊びにいらしてくださいね」
「はい、ありがとうございます。よろしくお願いします」
 ベスケルには丁寧に頭を下げ、暁は許可を得たことで、堂々とエジの家のほうに戻った。
Latest / 33:42
文字サイズ
向き
神庭の番人 つづき 2-6
初公開日: 2020年12月17日
最終更新日: 2020年12月17日
ブックマーク
スキ!
チャットコメント表示
つづきー。
くにちょぎ小話
現代パラレル。推敲のようなことをもぞもぞしています。
あかね
プロセカのニーゴ鬱小説をつらつらと書いていく その②
眠くなるまでプロセカのニーゴ鬱小説を只管と書いていきます時々スタミナ消費で走るので離脱するかも
真庭鳳凰
魔人探偵/國笹掌編「オゾン」
二次創作BL/完成しました(ブログ版http://mblg.tv/sd18/entry/144/)
西堂