1p
・白布くん相変わらずである 好き
・ここの牛島さんの顔がめちゃめちゃめちゃいい 美
1-3p
・お父さんの言葉を思い出す牛島さんでまずウッてなったんだ
・アド郎かっこよかったのにジャカ助ちょっとキモカワじゃない??可愛い
・そりゃ日向もアド郎と写真撮りたい!てなるわ(そうはいってもジャカ助も気に入ってそうだけど)
・ノータッチエース牛島かっっっこいいなあ…
4p
・冴子姐さんは無敵ですがどうしてもADに肩入れする私は無敵になれない…モンペは弱い…
第399話「化身」
・この時点だと ? ってなるんですよね
・ただ背中が美しいし、その背中のまっすぐなラインに沿うような 縦書きで書かれる 化身
・後ろ姿で、口元だけしか見えなくて、微笑んでいるのがわかる 牛島さんのサービスエースに観客が熱狂する中で
・微笑ませてくれているのは牛島さんだろうか、それともこのコートの中にいる全員かな
5p
・侑の背中、ポーズの違いもあるけどついさっきの飛雄の背中に比べると分厚くてムキムキに見える 全然厚みが違わん?? SUKI
・身長では僅差で負けたけど体重ではガッと勝ってそう
6-7p
・ワジさんしっかり上げて影山くんトス ここから一貫してトス上げるときの影山くんの表情は描かれないんですよね…
・BJ全員ツーを意識 してからの
8-9p
・ロングプッシュ―!! 研磨さん楽しそうですね
・『「ツーを読むBJ」を読んでいたっ 影山ーっ‼』
・かおが かわいい
・なんかここはちゃめちゃにかわいいしちょっと幼いの、前髪が乱れて高校の時の髪型みたいなのもあるんですよね…
・「もっとずっと試合してたかった」
・あああああああああああああああああああああああ
・この回、この吹き出し、過去の言葉、わかっていたけれど、牛島さんにとってのお父さんの言葉と、影山くんにとっての一与さんの言葉はリンクして書かれていたんだなってことが改めて提示されて、牛影に想いを馳せる
・もう、涙腺が
10-11p
・しわしわの手と、まあるくてぷくぷくした、ちいさな手
・むり もうむり
・「強くなればどんどん試合できるよ」「どんどんバレーできるよ」
・あのきっとまだやわらかかった手が、今は磨かれて、サービスエースぶち抜いてるんだなあ
・当たり前だけど、一与さんは亡くなっているし、影山くんはもしかしたら誰にもこのことを話していないかもしれないから、天童くんに話した牛島さんのように、お父さんに「ありがとう」と言えた牛島さんのように、一与さんを語る言葉や一与さんへ語る言葉が書かれるわけではなくただ、あの時あった会話を思い出すんだな、て、思った
・わかんないですけど 誰かに話しているのかもしれないけど
12-13p
・繋げ、と吠えたロメロがはじかれたボールを追いかける飛雄を見ているの、いいなあ
・今更だけれど興奮すると母国語が出るロメロ、前母国語で飛雄を誉めた時きっとめっちゃ興奮してたんだな~!と改めて萌えた
・「飛雄はポジションどこがやりたい?」
・及川さんはホセに、日向は宇内君に憧れたけど、影山くんにとって一与さんがどれほど大きな存在でも、シンプルに「一与さんの影響でバレー始めた」のでもないし、一与さんはセッターではなかった(MB)ので、だから選んだわけでもないのがすごく好きです
・赤ちゃんの時に渡したわけでもないのにバレーボールを掴んでいたし、一与さんがどこがいい?で聞いたら自分で選んだんですよ、セッターを
14-15p
・ふ わ
・このコマもトスの瞬間の表情は描かれないんだなあ
・審判さんが((ってなってるの好き
・じん、じーん、ってなるスガさんと黄金川くん いいなあ
・「わあ」黄金川くんってめちゃめちゃ心が綺麗そうですよね…
・研磨がドン引きなのが実に研磨でいいと思います
・『しかし変則的なトス打ち切れるか星海‼』のコマにかぶる手が「知るか‼」って感じでかっこいい星海くん
15-16p
・「スパイカーはカッコイイ」
・「スパイカーがカッコイイ程 俺はやっぱりセッターがいい」
・うん……
・「カッコイイ」がカタカナなのなんかちっちゃい頃そう思ったんだろうな、て
・ちっちゃい頃そう思ったんだろうけど、今の今まで、何度も、何度も何度も繰り返しそう思ったんだろうな
・喜び合う星海くんと飛雄もっと見せて~真ん中のチラロメロいいねえ、また誉めてくれただろうなあ
・ADのミーティングもっとよく見せてください!!!!!!!
・なんか、心なし、影山くんが監督のそばで中心的位置にいるというか、「司令塔」なんだろうなあって感じが、すごい、胸に来る
・「なあ」
・なあ……
・すごいそわそわしてページめくった
・今までモノローグがいわば過去回想だったから
・でもここでふっとリアルタイムに降りてきた
17-18p
・「まだやろうぜ バレーボール」
・「もっとやろうぜ」
・死
・だめだもう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・twitterでも、呟いたんですけど、今回まず牛島さんがお父さんの言葉を思い出していて、あの親子の話はものすごく胸にあたたかくて、そこからの影山くんの一与さんの言葉回想と、あのしわだらけの手と幼い小さな手のコマで、もうめちゃくちゃハートフルな気分だったんです
・すごくよく似た言葉だったし、バレーに導いてくれた存在で、でも大きくなってからはそばにいない存在で、だけどそこに生と死の道が分かれていて、会えた牛島さんと、けして会えない影山くんのことを考えたりなんだったり
・サーブトスを上げた影山くん、その顔に浮かんでいたのが終章で見せてくれるようになった楽しくてたまらないって表情なら、「飛雄よかったねーーーーーーーー!!!」って影山飛雄モンペの顔で花ばらまいてほのぼのしたと思うんですよ
・でも、あの、顔・・・・・・
・ぞっとするほどきれいで、穏やかで、怖かった・・・・・・・・・・・・・・・・
・すぐ横の日向の表情がすべてを物語ってる
・私は今週何を読んでいたんだ?って考えた時に、思い出すんですよね今週のタイトル
第399話「化身」
・ハイキューのタイトルの出し方ってかなり凝ってて、あえて最初に出さずに話の最後にドーンとか、「  」で表現してみたりとか、「・2」もよく使われますよね
・今回もあえて出さずに最後にドーンでも意味は通ると思うんですよ、意味は
・ていうかその方がわかりやすいかも、呼んだ時点では突然出てきた言葉に「?」ってなるもの
・でも、そうじゃなくて、最初の方に出した
・それが、すごく、すごく、すごーーーーーーーーーーーーくよかった……
・最初に出して、読者には意味が分からないままで、そのまま話が進んで、最後の影山飛雄の笑顔を見た時に思い出すんです、思い出してページめくって前に戻るんです
・「化身」が縦書きなの、影山飛雄だけが描かれたコマに、まっすぐ伸びた背中に並べるために、ですよね…
・バレーボールの化身
・化身と書いて、影山飛雄と読む
・化身かあ……
・化身って言葉、ある意味唐突に、何の説明もなく出てきて、その後説明もなんもなくて、でもラストの影山の表情と日向の表情ですべてを悟るの、ほんと、ほんと・・・・・・・・・・・・・・・
・影山飛雄は宗教
・モンペ何ておこがましい、信者です私は・・・
・原作者は、影山飛雄を何だと思っているか、の答えが「化身」なのほんと、………
・オタクは言葉をなくすしかない
・こういう影山飛雄を描きたかったから、影山飛雄の両親は描かれなかったのだと思うし、そしてやはり影山飛雄本人にとって「バレーに関わる人かそうでないか」は彼の視界の中で根本的なものさしなのではとも思います
・両親出てこないだろうけどバレー経験なしだろうしたぶん詳しくもないだろうな
最終的に何もかも語彙をなくして「たったひとつ確かなことがあるとするのならば 君は綺麗だ」っていう気分になったので影山飛雄の信者でぷりてんだー歌おう
色々考えたけどむり!言葉が!出てこねえ!
ただ、今考えると烏野の奇跡みたいな三年間(私たちは一年しか読めていないけど)は、ものすごく影山くんが「人間」ぽかった三年間で、でも、その三年間がさらに「化身」を「化身」たらしめたみたいなとこがある気がして、たまらん
最終頁、こんな顔で美しく笑う影山飛雄が、あの日あの時「このチームでもっと上に行きたかったです」と言った意味を、抱きしめて寝ます
ものすごくだらだらと書き綴った感想を読んでくださった方、ありがとうございました
Latest / 86:15
広げて読む
第399話化身ネタバレ感想
初公開日: 2020年06月26日
最終更新日: 2020年06月26日
最新話の影山飛雄がやばくて眠れないので書く
阿吽の呼吸(一与さんと飛雄)
「阿吽の呼吸」という言葉を知っている影山くんについて考えてみたら教えたのはこの人かもしれないという話
読みもの
一城
月バリで特集される影山くん
リクエスト消化「高校時代に月バリの春高注目選手みたいな特集で取材されたり会場とかで憧れのまなざしを向…
読みもの
一城
ふぃあき
電波系SF風
読みもの
汐隈