櫻葉ちゃんのオメガバースを書きたい。
取り敢えずテスト的に書いてみる。
途中でやめるかもしれないというか寝落ちするかもしれないけど許して。
これ初心者すぎて分からないんだけどコメントって来たらどこで見られるんだろ、というか返信できるのかな、それすら分かってないぞ。
長女がいる設定で書きたいんだけど長女の名前はどうしよ、そこは正直何でもいいんだよなぁ、
マイガールから取ってきて、あのチャイルドマインダーから持ってきてああ、あれおやまだったか、まぁいいか小春ちゃんにしよう。そうしよう。
あの、コメントありがとうございます、、まいぴぃかな、ななしさんと珀ちゃんいらっしゃいませーただ個々の返信が分からないんだ、どうするんだ困ってるよ、けど届いてるようれしい。ありがとう〜返信できなくても良きならいっぱいコメント待ってますね♡♡
それでは
まだ生乾きの頭をタオルでゴシゴシと擦りながら
リビングに戻る。
「あがったよ、風呂」
「あーママ先入ったなー!」
雅紀の膝に乗って絵本を読んでもらっていた小春がぴょこんと飛び降りて俺の膝にぎゅう、と抱きついてくる。
「ごめんごめん、ちょっと疲れてて先入らせてもらっちゃった、明日な?明日でいい?」
「…うん」
唇を尖らせて少し不服そうな小春の頭をポンポン、と叩くとそのままわしわしと頭を拭きながら座っている雅紀の横に腰掛けた。正直今日の仕事がきつくて体調的にもあまり宜しくなかった。雅紀にはしっかり見破られていて今日は面倒見るから、の言葉に甘えてお先に頂いてしまったのだった。ああ、ちょい、頭、痛てぇ。
そのままぼやーっとしていたのだったが小春の一言でそうもいかなくなってしまったのである。
いや、これは俺の精神状態の問題でもあるんだけど。
「あのねぇ、こはるねぇ、おっきくなったらねぇ、ぱぱとけっこんするの!」
やめてぇ、小春、今ままは頭が痛いんだよ、これは文字通り。小春ちゃんのせいでまま、違う意味で頭痛くなっちゃうよ。突然何も言い出すんだい。たんぽぽ組で同じ班のたいちくんと結婚するだったらまま多分スルーしてたんだけどねぇ、
「小春、それは聞き捨てなんねぇなぁ…」
「ちょっと翔ちゃん…」
まぁまぁと余裕な表情の雅紀がぽんぽん俺が小春にやったみたいに頭を叩く。なんだその余裕な態度。ちょっと嬉しそうにしてんじゃないよ。雅紀の結婚相手は俺だろ、小春じゃねぇよ。
「あのねぇ小春、ぱぱはもうままと結婚してるの、分かる?」
「えー…でもこはる、ぱぱがいいー」
「だめぇだめなの」
「何ムキになってんの翔ちゃんまぁいいじゃん」
良くねぇよ全然。だんだんこっちも意地になってくる。にこにこしながら俺らを見てる雅紀が気に食わない。なんだよ、小春と俺どっちが大事なんだよ、なんて子供相手に何を言ってんだ俺は。
ムスッとした俺を置いて
「まぁまぁはいはい、小春お風呂入るよー」
ひょい、と小春を抱えあげて風呂場に消えていく雅紀。
置いてけぼりにされた俺は1人静かになったリビングで膝を抱える。あー…しんど…まさきぃ…しんどいよぉ。
甘えたい日に限って雅紀はこっち向いてくんないし小春に将来まで取られるし。やだやだ。
「上がったよー、翔、タオルとっ…ああごめん大丈夫、休んでて」
お風呂から上がってきた小春の目がとろんとしている。
Latest / 36:02
07:10
ななし@639555
こんなのあるの、初めて知ったわ
13:20
ななし@eeb1e5
珀です|˙꒳​˙)) これ見れてるのかしら?
15:16
ななし@ce74c4
まいぴぃだよ⁽⁽◝( ꒪͒∀꒪͒ )◜⁾⁾ 文字書き進まなくなりそうだから黙るか(笑)
チャットコメント
文字サイズ
さくらもち
初公開日: 2020年04月03日
最終更新日: 2020年04月03日
ブックマーク
スキ!
チャットコメント表示
気象BL。コメント待ってます。
AぱぱとSままとお子ちゃん。