「ユキ…ここ、どこだろ…」
「分からない。見たことない部屋だ」
 目が覚めると、ユキとオレは真っ白な部屋にいた。
 昨日の仕事が終わった後、確かユキんちに行ったはずだ。ユキの美味しい手料理と、オレが持ってきた美味しいお酒で夕飯を満喫した。ゆっくり話して飲んで、久しぶりに一緒にお風呂にも入って、オレたちは一緒のベッドで寝たはずだ。だから、こんな真っ白な部屋で目が覚めるなんておかしい。
「オレたちが寝てる間に連れてこられたってこと?って、今何時!?今日仕事あったよね!?」
「モモ」
「スマホは!?おかりんにラビチャして助けに来てもらおう!!」
「モーモ」
「わっ…!」
 オレが焦りながらスマホを探していると、ユキが急にオレの頬を両手で挟み込んだ。
「ゆき?どうしたの?」
「ふふっ、モモの口、尖っててタコみたい」
「はあ!?」
「ごめんごめん。それより、あれ見て」
「あれ?」
 ユキがオレの顔をこの部屋の扉のほうへ向ける。そこには白い紙が貼られてあった。
「なんだろ?えっと…キスしないと出られない部屋?きす?魚のこと?」
「僕、魚苦手なんだけど」
「大丈夫!オレがユキの分まで食べてあげる!」
「ありがと、モモ。でも、魚の鱚じゃなさそうな気がするけどね」
「だよね…鱚しないとって意味分かんないし」
「……キス、か」
 そう言ってユキが自分の唇に指を添える。はぁ…なにそれ、ユキってば超イケメン…って、そんなこと思ってる場合じゃないって!キスなんて今まで何度もしたことあるのに、最近仕事が忙しすぎてキスも出来なかったから久しぶりすぎてめちゃくちゃ恥ずかしいんですけど!!
「モモ」
「は、はい!?」
「モモからキスしてよ」
「え……なんで!?」
「たまにはいいじゃない」
「はあ!?」
 今、ユキが言った言葉を聞いてオレは思わず大声を出してしまった。だって、“たまには”なんてユキは言うけど、オレからするキスのほうが確実に多い。
「ユキからしてよ」
「僕から?なんで?モモからしてよ」
「ユキからして!」
「モモからだ!」
「ユキはイケメンなんだからキスくらい余裕でしょ!?」
「イケメン関係ないだろ」
「ありますー!」
「それだったらモモは可愛いんだからキスくらいパッと出来るだろ。僕にファンサしてよ」
「いやいやいや、ファンサでキスなんてしないからね!?」
「分かった、じゃんけんしよう」
「じゃんけん……」
 ユキの提案に胸が痛んだ。
 じゃんけんで決めなくちゃいけないくらい、ユキはオレにキスするの嫌なのかな。うわ、もしそうだとしたらショック……。
「モモ、どうした?具合でも悪いのか?」
「え、あー…ううん。なんていうか、ユキはさ」
「うん?」
「じゃんけんで決めないといけないくらい、オレとキスするの嫌だった?」
「っ、ちが、そういうわけじゃ…」
「でもそうだよね!?そもそもオレとキスするの嫌なんでしょ!?だって、普段からユキから全然してくれないじゃん!キスするのはいつもオレばっかり!」
「モモ、落ち着いて」
「落ち着いてるよ!ねぇ、ユキ。ユキは本当にオレのことが好きなの?告白したのもオレ
からだったし。もしかして、オレに無理矢理付き合わされてる?だったら、わか…んっ」
 伸びてきたユキの手がオレの頭の後ろを包み込む。そして、そのままオレにキスをした。
「ユ、キ…」
「そんな驚いた顔しないでよ。僕だって、モモのことが好きだしキスしたいって思ってる。だけど、久しぶりだから…なんていうか、恥ずかしかったんだよ」
「恥ずかしかった?じゃ、オレとキスするの嫌じゃないの?」
「言っただろ、僕だってキスしたいって思ってるって。何度も言わせないでよ」
「えへへっ、なんだ、よかった!」
「だから、別れるなんて言わないで、モモ」
「うん!」
「やば…モモの顔見てたらだんだん恥ずかしくなってきた。ああほら、ドア開いたんじゃない?」
「えー、もう少しだけユキの照れてる顔見てたい!」
「ダメ、恥ずかしいから」
「ケチー!でも、超イケメン!」
「そうね、知ってる」
******
「今日もRe:valeはラブラブだね、おかりん」
「すみません、放送できるところだけ編集して使ってください…。千くん、百くん、仲がいいのは良いことですけど、ドッキリ企画なんでもう少し糖度は低めにしてください」
END
 
なや
なやです!もしよかったら、コメント残してもらえたら嬉しいです!
02:04
なや
お題から遠ざかっていったので、内容を変更!キスするのに余裕ぶっているユキモモにならなかった…(;´・ω・)
04:00
なや
終わったー!!完成!!
21:18
なや
とりあえず、完成したので終了かな?出来上がったものは、ベッターに投稿しようと思います!
24:20
なや
ありがとうございました!また配信的なのやっていこうと思います!いずれは音声ありで話しながら出来たらいいなぁ。
24:54
00:00/00:00
広げて読む
縮める
読みもの

今日のなやのユキモモ

なや

published byなや
今日のなやのユキモモ
キスしないと出られない部屋に閉じ込められる。
執筆開始 : 2020年02月13日 19:57
最終更新 : 2020年02月13日 21:01

コメント