もうすぐ、春が来る。雪が融け、凍った川が流れだし、泥の隙間から微かに緑が覗き始める。そんな季節がやってくる。芽吹く命には祝福の歌を。土の下の亡者たちには上滑りな祈りの言葉を。誰かがそれを口の端に乗せては儚く忘れ去られ、やがて季節は巡っていく。結局はこれも、巡り続ける営みのうちのほんのひと欠片でしかない。
 薪の弾ける音で目が覚めた。暖炉を見れば記憶にある炎より随分勢いが衰えている。道理で冷えるわけだった。かじかむ指先を擦り、火かき棒で暖炉をかき回し薪を追加する。少し炎が大きくなって一息つくと、背後から大きなため息が聞こえた。
「サナ。あんたまた寝てたのか」
「叔母さん」
 前掛けを外しながら部屋に入ってきた叔母は、呆れたように名を呼んだ。いつから見られていたのだろうか。気まずくなって目を逸らそうとするが、先に視界に回り込まれてしまう。
「もう夕餉の頃合いだからと思って呼びに来たら、寒い部屋で暖炉を弄ってるんだ。居眠りしてたんだってことくらいすぐ分かる」
「ごめんなさい。繕いものは今日中に終わらせるから」
「別にそれはいいけどね。最近ずっとこんな調子だろ。体調でも悪いのか」
「そんなことはないわ……ただ少し、寝不足なの」
 白々しい言い訳に叔母は眉を顰めたが、それだけだった。代わりに睨むようにサナの手元を見つめる。サナの指先はひどく荒れてひび割れていて、爪は欠けて色も悪くところどころ黒く汚れていた。隠すように両手を握り締めると、叔母がまた溜息を吐いた。
「……そういえばあんたの靴がだいぶ傷んでいたね。穴が開いていたし、泥がこびりついて取れないし。今年はまだ寒いからあれじゃ辛いだろう。私の古いので良ければやろうか」
「大丈夫。まだ使えるから」
 頭を振ると、叔母は諦めたように踵を返した。早く飯食べちゃいな、とだけ言い残して。その背中が扉の向こうに消えるのを待って、サナはストールの内側に隠していた瓶を取り出した。手のひらにちょうど収まるくらいの硝子の中に、白い欠片がいくつか転がっている。瓶を右へ左へと傾けると、欠片はチリチリと硬質な音を立てた。
 瓶を持ったまま、窓際に立つ。今年の冬は深く、いつもなら雪融けの季節だというのにまだ木々が白く染まったままだった。白い世界と、手元の欠片の色を見比べる。同じ白。それでいて決して交わらず、なのに雪の中に欠片を落とせば分からなくなってしまう。白は、雪は、冬の世界は理不尽だ。サナはそっと瓶をしまうと、窓の外から目を背けた。
 息の凍てつく早朝に、サナは森へ向かっていた。空はまだ黒に近く、散らばった星と霞んだ月が頭上から見下ろしていた。村からほど近いこの森には聖域がある。生い茂る針葉樹の合間に、吹き抜けのような広場があるのだ。春になれば競うように花が咲き、動物たちが自然と集いはじめ、周辺の木々は豊かに実る。森の命たちは勿論のこと、その命を食べて生きる村の人間も、聖域の恵みによって生かされていた。
 雪で平らに均された聖域に辿り着くと、サナは木の幹に立てかけたままにしてあったショベルを取り出した。無造作に地面に突き刺し、足掛けに体重を乗せて深く抉る。てこのようにして柄を押し下げれば、雪の下に隠されていた黒い土が少しだけ顔を出す。白と黒のまだらを脇に投げ捨て、また同じようにショベルを突き刺す。当てはなかった。目に付いた場所を闇雲にショベルで掘り返すという無為な行動を、サナは雪が薄くなり始めた時期から繰り返していた。サナの他には聖域に誰も近付かない。雪が融けるまでは足を踏み入れてはならないというのが、村の不文律だった。それを破って、サナは人目を盗んでは穴を掘っている。奇異の目で見られようが、ひどく罵られようが、サナはそうせずにはいられなかった。
 辺りの雪をどれほど汚した頃だろうか。ショベルの先に硬い感触があった。カツ、という微かな音が聞こえた瞬間、サナはショベルを放り出し穴に取り付いた。服に泥がつくのにも爪が割れるのにも構わず、掘り当てたものの土を払う。やがて姿を現したのは、雪とは異なる白だった。もう一度ショベルを持ち直し、周りの土をどけて出来る限り表に露出させる。それはサナが探していたものよりは少し小さいようだった。けれど、遠い昔にサナと同じような衝動に駆り立てられた人間がいたかもしれない。肉の削げ落ちた指に、愛を意味する指輪がはめられていたから。
「……貴女は、いつの『巫女様』?」
 サナの求めていたものではなかった。それでも、過去に引き裂かれた誰かに思いを馳せて、サナは小さな骨のひとかけらを拾い上げる。硝子瓶の中身が、また増えた。
 家に戻る頃には、銀雪の世界の際から太陽が顔を出していた。出来るだけ音を立てないように慎重に足を運び、少しだけ開けたドアの隙間から家の中に身を滑り込ませた。この時間なら叔母は厨房だろうし、他の家族はまだ寝ている。気付かれないうちに部屋に戻って身なりを整え、何食わぬ顔で叔母の手伝いに向かう。そうすれば何も言われない。たとえサナが何をしているのかを察していたとしても。
 だが今日に限っては、いつもと家の様子が違った。
「――今年は春が遠い。雪が深すぎるんだ。これじゃあ種も撒けないし、村の備蓄も限界がある。死人が出るぞ」
 居間に入ろうとしたその時、誰かの声が聞こえてサナは足を止めた。男の声だ。しわがれた響きは恐らくは村長のものだ。更に誰かの声が重なる。数人が密かな会合を開いているようだった。
「巫女が不出来だったせいだ。あいつは祈りもろくにしなかったし、最後まで巫女の役目を嫌がった。冬の神様がお怒りになったんだ」
「もう一人巫女を捧げるか……しかしそれを繰り返していては村に女がいなくなる」
「それよりルイを掘り返すべきだ。神様がお気に召さなかったものをいつまでも置いとくからいけないんだ。あれは焼いて川にでも流すべきだ――」
 一人の男が自分の意見を押し通し、周りが覇気のない同意を返したところで、サナは後退り来た道を振り返って駆け出した。まだ会話は続いていたようだが、どうでもいい。外気の冷たさとは対照的に、身体中の血が沸騰したように熱かった。不出来だなんて、焼いてしまうだなんて、村の男たちはどれだけ彼女を侮辱する気なのだろう。何度、私達を引き裂けば気が済むというのだろう。
 冬が近くなると、この村では聖域に女を埋める。年に一人、冬越えのまじないとして、巫女として選ばれた誰かが生きながらに死の国へ落とされる。あの聖域の恵みは、代々の巫女の死肉を糧に実っている。それを食らって、この村は生きながらえていた。
 今冬の巫女はサナの双子の姉だった。優しくて気が弱く、けれど決して俯かない人だった。不出来なわけがない。サナはずっとルイに支えられてきた。毎年、土をかぶせられる女たちを互いの手を握って見送った。母が埋められた時は二人で三日三晩泣き明かし、互いに助け合って生きていこうと決めた。傍らにルイがいたから、サナは立っていられたし、ルイもきっとそうだった。なのに今ルイはいない。サナに黙って、男たちが土に埋めてしまった。
 頬が引きつる。いつの間に溢れていた涙が凍り、皮膚に張り付いていた。ルイは紛れもなくサナの半身だった。引き裂かれたこの身は、もはや屍と同じようなものだった。それくらいなら、一緒に埋めて欲しかった――だからサナはルイを探すと決めた。片割れを取り戻すために。
 取って返した森は薄暗かった。早朝は晴れていたはずなのに、空には分厚い雲がかかっていた。雪が降るかもしれない。そうなればまた、ルイが覆い隠されてしまう。その前に見つけなくては。
 過去に掘り返した箇所は土と雪が混じりあい、跡が残っていた。ショベルを持ち出し、その部分を避けてひたすらに掘る。指先が変色しても、肩に雪が積もり始めても、一心不乱に掘り続ける。やがて硬い感触がショベルにあたる。覚えのある感覚に、サナは穴の傍に屈みこんだ。土を払う。少しずつ元の形が明らかになっていく。見覚えのある服の刺繍を認めると、ショベルを振るうのももどかしく濡れた土を手でかき出していく。
「ああ、やっと……」
 久方ぶりに見る片割れの姿は、思っていたよりも変容していなかった。どす黒く変色し、皮膚は腐り落ちていたけれど、互いに結いあった髪も、名前を呼んだ唇も形が残っていた。
 深い安堵に包まれるのが分かった。彼女から引き離される以上に恐ろしいことはない。姿が変わろうとルイはルイだ。もう何も案ずることはない。全身から力が抜けていく。重力に任せて倒れ込み姉の亡骸に覆いかぶさると、サナは腐りかけの唇にそっとくちづけた。
「一緒に眠ろう。もう置いて行かないでね」
 呟き、目を閉じる。ないはずの温もりを、どこかに感じた気がした。
 二人の身体を、雪が覆いつくしていく。二度と離れることないようにと、二つの骸を凍らせ何者からも隠すように。春はまだ遠く、それが訪れる頃にはもう誰も双子の姉妹のことなど覚えていないことだろう。
おわり!
Latest / 237:44
文字サイズ
雪と骸
初公開日: 2020年05月01日
最終更新日: 2020年05月07日
ブックマーク
スキ!
チャットコメント表示
書き終わらなくても一時間くらいで終わる予定。
書くのがめちゃくちゃ遅いのはご了承ください。
雑なプロットはある。暗いのと、見ようによっては百合かもなので苦手な方はご注意ください。
書き終わりました!
突発SS
オリジナルで短いのを突発的に描きたくなったので
イツキ
喰種パロ🖤くん
喰種パロ🖤くん書いていきます。確実にネタバレになっちゃうので閲覧注意です!🙇‍♀️
ラムネ