「まあ、実際に見てもらったほうが早いでしょう。というわけで着いてきてくださいな」
 なにが「というわけ」なのかよくわからないけど、私はドレミーのあとに着いていくことにした。
 といっても、もうすでに来たことがある場所だ。迷うことはない。
 ドレミーが私を連れてきたのは、あの事件のときに最初に私が足を踏み入れた【空間】だった。ドレミーが話していた通り、その【空間】はあのときのまま、現実の世界と変わらない、爽やかな風が吹く草原が広がっている。ここで、影狼と初めて会ったときの【記憶の欠片】を見つけたんだっけ。
「別になにもないじゃない。そもそも、この夢の世界をそのままにしておくって言ったのはあんたでしょ?」
「それがですね、この夢の世界でこんなものが見つかりまして」
 ドレミーが手招きする方に着いていく。ドレミーはかつてこの草原で最初の【記憶の欠片】を見つけた場所よりもさらに奥に進んでいった。
「これです」
「なにこれ……?」
 ドレミーが指し示すのは、パズルのピースだった。
 そう、たくさんのピースを集めて絵を完成させる、あのパズル。
 そのピースが、前の事件の【記憶の欠片】と同じように、空中にぷかぷか浮いている。
「見ての通り、パズルのピースです」
「いやそれは見ればわかるんだけど……そもそもこれ、なんなの?」
「それがよくわからないんですよねえ……」
「えぇ……」
「そもそも前回の事件みたいに、現実世界側の人妖の記憶が断片化して夢の世界に物質化することが異常事態なんですが、その事件が解決したはずなのにこんなものが現れるというのは、正直言って予想外もいいところです。もしかしたら……」
「まだ事件は、終わってなかったってこと?」
 私の言葉を、ドレミーは目顔で肯定した。
「あるいは、また別の事件が始まった……のかも」
「別の事件ねえ……」
 私は、改めて自分の夢の世界を見回す。
 人間でも妖怪でも、自分のことを全部、なにもかも把握している者というのはなかなかいないだろう。いや、妖怪の方はわからないけど……。
 少なくとも私は、自分の夢の世界がこんなふうになっているなんて思いもしなかったし、そもそも夢の中の自分なんてものがいるなんて今でも信じられない。
 しかもその夢の中の自分を、1日限りという条件付きとはいえ現実世界に連れてきたりもしたし……。
 でもまあ、考えていても仕方ない。それに、ここは勝手知ったる自分の庭……じゃなくて自分の夢。一度行ったことがある場所だから、勝手も解ってる。
「まあいいわ、乗りかかった船だし……このパズルのピースを集めればいいのね?」
「ええ、よろしくお願いします」
 私はドレミーに背を向けると、再び自分の夢の中のその奥へと足を踏み入れていった。
「うえぇ……安請け合いするんじゃなかった……」
 現実世界でも、人里での頼みごとや仕事をほいほい引き受けて後悔したことがあったけど、自分の夢の世界にまで来て同じことをやらかすことになろうとは。
 ドレミーに頼まれたパズルピース集めは、はっきり言って難航を極めていた。
 【エントランス】からつながっている【空間】は、たしかに前の事件とまったく同じ構造や地形だったけど、問題はパズルピースの位置だ。
 【記憶の欠片】はまだわかりやすいところにあったけど、今回のパズルピースはやたらと分かりづらいところや取りづらいところにあるのでひと苦労だ。
「う~っ……やっぱり届かないぃ~っ」
 今も、私の頭のすぐ上にはパズルピースがぷかぷか浮かんでいるものの、届かない。
 現実世界と同じように空が飛べたら簡単なのに、今回もまた前回の事件のときと同じように飛ぶことができない。仕方がないので、私はこれまた前回と同じように自分の頭を増やし、それを足場にしてどうにかしようとしてるんだけど。これがまたうまくいかない。
 パズルピースは、どれもこれも絶妙に届かない場所にあったり、取るのは簡単でもそれを取ってから【空間】を脱出するのがやたら難しかったり。
 一度攻略した【空間】とは言え、私は予想外の苦戦を強いられていた。
 そうこうしながら、私はなんとか最初の【空間】である草原のパズルピースを5つ集めた。どうやらこのパズルピース、前回と同じようにひとつの【空間】に5つあるようだ。ということは、えーと……全部で50個もピースを集めなきゃいけないってことか……。
 それにしても……。
 私は、集めたピースをまじまじと眺める。
 人里で人間に混じって暮らしているおかげで、私は少なくともそこらの妖怪よりも人間の娯楽には詳しい。時たま人間のマネをして将棋なんかをやったこともある。でも、こういうパズルは知ってはいても自分でやったことがなかった。
 人間はたまに、おかしなことをする。
 弾幕ごっこや将棋のように、誰かと競い合ったり勝負したりするわけではなく、自分一人だけでゲームをすることがある。このパズルというのもそのひとつだ。
 
 
カット
Latest / 127:21
カットモードOFF
文字サイズ
向き
チャットコメント通知
紅楼夢原稿進めていきますもはやなんの余裕もない。
初公開日: 2022年09月20日
最終更新日: 2022年09月22日
ブックマーク
スキ!
コメント
泣きながら紅楼夢原稿を進めていきます。