読みものモードで使用できる構文について
ここで紹介した大半の構文は、ショートカットボタンより構文の挿入ができます。
見出し
#  で書き始めるとその1行が見出しになります
#  ,## , ### と3種類の見出しがあります
(例)
#が1つ
#が2つ
#が3つ
見出し 中央表示 (2020/05/27 変更)
:見出し: という形の1行が見出し 中央表示になります。
(例)
見出し
太字
*太字* と書くと太字で表示できます。
(例)
太字
打ち消し線
~~打ち消し線~~ で書くと打ち消し線表示にできます。
(例)
打ち消し線
ルビ
案≪あん≫ , |ルビ≪るび≫ と書くとルビを表示することができます。
漢字の場合は、| を省略することができます。
また、 案|≪あん≫ のように直前に|を書くと、 ≪あん≫ をそのまま表示できます。
(例)
あん
ルビるび
案≪あん≫
リンク
URLを書くと、自動的にリンクになります。
1行が、URLのみの場合はカード表示になります。
(例)
TxT Live (https://txtlive.net)
https://txtlive.net
txtlive.net
引用
>  で書き始めると引用で表示されます。複数行に対応しています。
また、オプションとして<cite>引用元</cite>の1行を引用の後につけると引用元の表記ができます。引用元は、リンク構文に対応しています。
(例)
>TxT Live は、>簡単に言うとYouTube Liveなどのライブ配信のテキスト版です。[cite:TxT Live - https://txtlive.net/lr/1547644875372]
TxT Live は、
簡単に言うとYouTube Liveなどのライブ配信のテキスト版です。
TxT Live - https://txtlive.net/lr/1547644875372
画像
画像アイコンボタンをクリック・タップすると、画像アップロードができます。
画像をアップロードすると、[img:0000000000]という形の構文が挿入されます。 
これが、画像に変換されて表示されます。
(例)
ふきだし
チャットモードのようなふきだし表示ができます。
ふきだしのボタンをクリック・タップしてください。
使用するアイコン・向きなどを設定後、「追加」をクリック・タップするとふきだしの構文([chat:1550253920323][][])がテキストに追加されます。
[chat:1550253920323][ここに名前を表示(省略可能)][ここに文章] という形で書くとふきだしが表示されます。
また、![chat:1550253920323][ここに名前を表示(省略可能)][ここに文章] という形で、!を追加するとふきだしが右側に表示されます。
文章は、複数行に対応しています。
(例)
[chat:1550253920323][ここに名前を表示(省略可能)][ここに文章]
ここに名前を表示(省略可能)
ここに文章
![chat:1550253920323][ここに名前を表示(省略可能)][ここに文章]
ここに名前を表示(省略可能)
ここに文章
<補足>
・チャットふきだし用のデフォルト画像が用意されています。
・使用できるアイコンは、自分でアイコン追加から画像をアップロードして追加できます。
・削除する場合は、赤いバツボタンをタップしてください。
(2020/5/27 変更)アイコン画像はユーザー単位で共有されます。
・追加したアイコン画像は、チャットモードでも使用することができます。
モザイク
表示したくない文字をモザイク表示することができます。
m{モザイク表示したい文字列} という形で書きます。
(例)
犯人は、m{ヤス}
 犯人は、■■
最後に
こういう構文がほしい、こういう機能がほしいなどありましたら、気軽にお問い合わせください。
文字サイズ
読みものモード 構文について
初公開日: 2019年02月15日
最終更新日: 2020年06月03日
ブックマーク
スキ!
チャットコメント表示
不具合・修正情報一覧
現在把握・調査中の不具合と修正済みの不具合の一覧
TxT Live
テキストライブについて (ver 2.0.0)
テキストライブの紹介です。2020年5月27日に、新システムに移行したので改めて。
TxT Live
執筆記録機能について
執筆記録機能についての説明です。
TxT Live
何処まで出来るかテスト配信!~その2~
再びのテスト配信2回目。例の原稿を少し進めた所から始めます。監視の程宜しくお願いいたします。
アサカクの作業部屋になりうるかっ!
オリジナルのなんか書きたい
ようじょが酷い目に遭うが、最終的に報われる話が書きたい。手探りで書きます
weryu
那楚ヘッダーつづき
ヘッダー小説の続きを地味に書く
なnつ🔞