令和4年 6月10日
 先日デビューしちゃいました。
 ケンミンの焼きビーフン。
 なぜか生まれてこのかた口にしたことがありませんでした。もちろん焼きビーフンなる商品があることは子どもの頃から知っていました。
 なんで食べたことがなかったのか不思議なぐらい。
 ともかく、店頭で見かけてフレイバーをふたつほど選んでまいりました。
 さっそくランチにいただきました。
 お手軽でお手軽でお手軽だ! おいしい!
 うん。また買おう。
ホームページを完全閉鎖しました
 ホムページ「るーまんち」を4月末に閉じました。
 それからメールフォームだけ残しておりましたが、こちらも終了いたしました。本当は5月末に終了させるつもりでしたが、ちょっと作業ができずに予定より遅れてしまいました。
 今後、もしお問い合わせなどございましたら、こちらのコメントなりツイッターのDMなりでお送りください。
 作品に関してのご意見は、各作品の感想欄をご利用いただければと思います。どこのどの作品のことだかピンとこない場合がありますので(笑)
GO TO 的なやつ
 確か今日からだったと思うのですが「もっとTOKYO」という観光促進政策が始まったらしいのです。
 都内で一泊した場合5000円の助成が受けれらるらしいのです。
(日帰り遠足でも2500円だったかの助成があるらしいです)
 正直、家族でわざわざ都内に外泊することはありません。いくら助成がうけられようとも、距離的にそこまでする必要なしといった感じです。
 ただですね、私ひとりだったら外泊したいなーと。
 ひとりで作文合宿したいのです。
 静かで邪魔が入らない環境でこそこそこそこそ作文できたら、まとまった分量が書けるんじゃないかなーなんてね。
 観光でなくとも使えるじゃーんって。
 なかなか趣味の作文のためにホテルをとってまで、ひとりで作業しようだなんて気になりませんのでね。
 夫に要相談かな。
 たぶん「お好きにどうぞ~」って言われるんだけど、それだと子どもがふたりもくっついてくることになっちゃうんですよ。それでは意味がない!
 私はひとりがいいんだっ!!
 夫の顔を見かけたら話しをしてみようと思います。
 
 助成についての詳細も調べてみよーっと。
「世にも甘い自白調書」を完結しました
 昨日のお昼ごろ、最終話を更新して完結させました。
 長期に渡り見守ってくださいました皆さま、本当の本当にありがとうございました。
 連載開始当初は「超不定期更新だし、完結まで持っていけるかわかりません」などと言っていました。最終まで気力が持たないだろうと思っていたからです。番外編なのに10万字以上ありますので……。
 だったら始めるなと思われるかもしれませんが、少しでも読みたいとお声がけくださる方々がいらっしゃいまして、励まされまして調子に乗った次第。
 出してよかったと思っています。
 初回掲載が4~5年前だったはずでして、その頃の自分のクセなり言葉選びなりを見直すことができました。
 人生2作目の作品で、いわゆる「WEB小説のお作法」なんてものも今以上に理解しておらず、やりたい放題、それこそ子どもの作文のような体裁でした。
 少しは小説っぽく手直しできたかなー。
 出来てたらいいなー。
 内容や文体はともかく、エピソードはずいぶん切り落としました。
 昔の公開分を知る読者の方々には、「多少は物語としてまとまったんじゃねーの?」と思っていただけたら、やった甲斐があったというもの。
 今回初めて番外編までお読みくださった方には「ま、こんなもんでしょ」と鼻で嗤い飛ばしてもらえたら万々歳。
 そんな風に思っています。
シリーズ作品について
 先日ベリーズカフェのファンメールではお送りしましたが、現在ベリーズカフェで公開中の「久々の……」および「Tの事件簿」の2作品を今月中旬に引き下げる予定です。
 どちらも「世にも甘い自白調書」と同様、「その身柄、拘束します」という作品の関連作品です。
 今回、本編に続いてメインカップルの物語を番外編で締めることが叶いましたことから、関連作品の総てをアルファポリスの端本やこアカウントにまとめようと考えています。
 
 基本、端本やこ名義では大人向けの作品を公開していますが、シリーズ作品につきましては全年齢対象作品もひとまとめに置くつもりです。
 あちこちにバラすとまた分かりにくくなっちゃいますのでね。
 とはいえ、作者は私です。そう、超どん亀常習犯の私です。
 再公開の予定は未定。
 ベリーズカフェから引き下げ、お引越し作業が完了次第アルファポリスで公開、とそれだけを決めているような状況です。
 引っ越しの目途が立ちましたら、改めて日記でお知らせします(すると思います)。
 作文作業は次の作品に移っています。
 優先順位を次点に考えていました「愛は優しく、果てしなく」と「HERO」を半々で書いている……というより考えているような感じです。
 それぞれ脳内映像で使いたい場面は覚えているのですが、それをどう繋げたものかと考えているわけです。
 登場人物を増やして風呂敷を広げすぎないように気をつけつつ。
 なるべくコンパクトに、狭く深めにまとめたいものです。
 
 イベント続きだった時期も終わり、6月は少々落ち着いていますので作文を進めたいと思います!
 夏休み前までが勝負。
 がんばりまーす。
 
 
カット