むくりとベッドから起き上がる。
今の時間は…、丁度11時を回ったところらしい。んっと背伸びをして上着を引っ掴む。腹が減った、こういう時はグリルビーズに行ってケチャップをたっぷりかけたホットドッグを貪るに限る。
ふあ、と欠伸を残して部屋を後にした。
というわけで、グリルビーズの店前まで来たが扉には”close”の文字。そうだった、地上に出てからグリルビーズは定休日というものができたんだった…。グリルビーのルックスがニンゲン達に評判で毎日大入になるのはいいが、その本人が激務に耐えかねてそんなものを作ったのだ。
はぁ、とため息をつく。ここ以外の店、行ったことないしなぁ…。
hmm...と唸りながら大通りを歩く。いやそうだ、この前フリスクに連れてってもらった軽食屋があった。とりあえずあそこに行ってみよう。
ぐう、となりそうなぐらいに空腹になりながら、場所を思い出しなんとか辿り着く。
からんからん。小気味のいい音を立てて扉を開く。
お席は自由に、とのことだったのでボックス席の一目を気にしなくていい端っこで壁を向く方向に座る。自分の背丈のせいで席の高さが合わず足がぶらぶらして仕方がない。おっと、スリッパが片方脱げてしまった。少し座席から降りスリッパを履き直して座る。
椅子が合わなくても頑なにそこに座ろうとするのは、人があまりいないからとはいえモンスターの来店をよく思わないニンゲンがいるかもしれないからという配慮からだ。
気を取り直してメニュー冊子を手に取る。グリルビーズにはないものなのでそれを手に取ってそこから注文するというのはなんとも新鮮なものだ。冊子の中には色とりどりのサンドイッチやお洒落で甘そうなジュースが並んでいる。どれにしようか、と思うもののここの店にもホットドッグがあるらしいのでそれを頼む。ついでにコーラも。
しばらくして、コーラが先に運ばれてきた。レモンのスライスが一枚乗っかっているのがこれまたお洒落だ。
一口飲むとなんのことはない普通の味だが、レモンの香りと酸味で後味がさっぱりしてて美味しい。今度グリルビーに教えてやろう。ただあいつ水由来のもの一切扱えないけど。
少しして目当てのホットドッグも運ばれてくる。コールスローとジューシーなウインナーというシンプルな内容だ。ついでにケチャップは自由にかけれるらしい。
もちろんボトルの中身を全部使ってケチャップを堪能…してたさ。ここがグリルビーズならな。
ただここは普通のニンゲンの店でおそらくフリスクも時々使っていることだろう。流石に恥をかかせるわけにはいかない。皿を真っ赤にしたい衝動を抑えて控えめにホットドッグに赤い線を描く。
……これでも控えめだ。自分の中では結構自重した方だ、うん、きっと元の量がボトルの半分だったからこんなに軽いんだ。そうだろ?
どこに求めてるかわからない同意を求めて、ボトルをコトンと横に置いた。
手袋は極力外したくないのだがしょうがない、するりと外してホットドッグをつかむ。
一口、頬張る。
パツッと皮を破って溢れる肉汁とコールスロー、そして圧倒的なケチャップの大味が口の中を満たす。
スケルトンに、細かく切られた野菜は相性が悪いらしく、噛み切った境からボロボロと皿に落ちていく。行儀が悪い?体の性質上のご愛嬌だ。
それらを包んでいるコッペパンもふわふわでほんのり甘さを感じられる。うん、これはうまいホットドッグだ。個人?いや個骨としてはコールスローより細長く切ったピクルスの方がありがたいけどな。
たまには違うものも食った方がいいって事だ、これはこれで悪くない。
ホットドッグを半分ほど食べ、コッペパンに奪われた水分を補給するためにコーラに手を伸ばす。そこになぜか店員さんがやってきた。
「コールボタン、押されましたか?」
この店はボタンを押して店員に注文をするシステムなのだが、自分は一回しかボタンを押していない。
「いえ…押していませ」
「俺が押した」
『え?!』
店員と自分の声が重なる。そりゃそうだ。だって目の前は空席だったはずなのにそこにいつの間にかマスタードが座っていたからだ。
「失礼しました…!お連れ様がいらっしゃったんですね、ご注文はお決まりですか?」
「こいつと一緒のもん頼む」
「はい、ホットドッグとコーラでよろしいですね」
「おう、マスタードいっぱいかけてくれ」
失礼します、と軽く礼をして去っていく店員をひらひらと手を振って見送るマスタード。二人きりになり舌の上に乗っかっていた質問をする。
「…お前、どうやってここにきたんだ」
「ん」
どっかりくつろいでいるそいつは自分の横を指差す。そこには窓があって大通りが見える。
「つまるところ、グリんとこが開いてなかったから適当におめぇ探してたらこんなとこで美味そうなもん食ってたってわけだ」
マスは当然というようにぼやくと最後に食べようと思って残してあったサービスのスナックをバリバリと食べた。
はぁ、とため息をつく。普通のことに言うがここはグリルビーから少し離れていて、しかも違う通りにある。勘かしらみつぶしか…どちらにせよ心臓に悪い。もしかしてこいつオイラにGPSみたいなもんつけてないか?家に帰ったら確認しよう。
「とりあえず、それなりに行儀良くしろよ?モンスターを良く思ってない連中とかもいるかもしれないから、トラブルはごめんだぞ」
「わぁってるって」
そんな心もとない返事を受け取ったところでマスタードのホットドッグが運ばれてくる。
「お、美味そー」
ガブリと一口かぶりつく。なぜかボロボロと落ちてくるはずのコールスローが落ちてこない。単純に食い方がいいのだろう。そう言うところはfellに似合わず上品なのだ。思わず恨めしいと言わんばかりの唸り声が出てしまう。
「ヴー」
「なんだぁ?おめぇのまだ残ってんじゃねぇか、やらねぇぞ?」
「アンタじゃあるまいし違うわ」
チッと心の中で舌打ちを打って普段より控えめに赤の入ったホットドッグにかぶりつく。
バクバクと二人で夢中になって食べ切る。食べた後で気づいたのだが、このホットドッグ意外にデカく食べ応えがあった。
「はー、食った食った」
マスは満足したようだがそれでもメニュー表を覗いている。
「まだ食うのか?」
「いや、もう出る。腹ごしらえも済んだし家戻るか」
ストンとメニュー表を戻し、立ち上がる。急いで氷で薄まったコーラを飲み干し会計へ向かった。
「15ドルになります」
珍しく持ってきた財布を開きお金を出そうと思ったがマスタードがじゃらっとコイン皿にお金を置く。
「これで」
「ありがとうございました〜」
「ん、うまかったぜ」
からんからんと来たように扉を鳴らして店を後にする。しれっとかっこいいことしやがるなこいつ。なんとなく癪に思って腕をぽこぽこと殴った。
「いって、何すんだ」
その講義の拳もこいつにとっては軽い小突きみたいなもんらしくひひ、と笑って受け止められた。
時々出すそのイケメンはなんなんだ!
不服に思うのと同時に少しのときめきを感じながらマスタードの横を歩いていった。
「…にしてもアンタが奢ってくれるなんて珍しいじゃないか、なんかいいことあったのか?」
「あーあれか。あれボスのへそくり。取ったのバレたからこっちに逃げてきた」
「…アンタ、次帰ったとき、チリも残らないんじゃないか?」
「多分な」
カット
Latest / 106:32
カットモードOFF
18:38
しの
こんばんは( *・ω・)ノ しのです!
18:56
文字喰いソルト
はっ!しの様こんばんは!
19:16
しの
様はやめて(/´△`\)w
19:55
文字喰いソルト
それじゃしのさん?でよいですか?٩( ᐛ )و
20:44
しの
はい! お邪魔しちゃってごめんなさい、クローズ調べてる辺りから見てましたー。
21:05
文字喰いソルト
あ〜〜、お恥ずかしい…w
21:20
文字喰いソルト
こんな拙いの見ていただいてありがとうございます
23:06
しの
いや、良く有りますよね(笑) 私も書いてる最中なので、ご挨拶までですが、流しっぱなしにしておきます~
23:40
文字喰いソルト
了解しました〜
30:32
しの
お腹減ってきちゃう…美味しそう…(返信大丈夫なので執筆続けて下さい♥️)
34:17
ななし@e68c00
はじめまして、執筆の配信初めて見ました!ご挨拶失礼します💦
35:12
文字喰いソルト
初めまして〜、ご丁寧にありがとうございます!
44:41
ななし@e68c00
お馴染みのグリルビーズじゃないからケチャップかけるの控えめにしてる🍅が借りてきた猫みたいでかわいく思ってしまいました☺️
45:42
文字喰いソルト
だいぶ葛藤してそうですよね( ̄∇ ̄)
50:49
しの
勝手に宣伝してきちゃった( ゚∀゚)
51:46
文字喰いソルト
ありがとうございます〜🙏✨
71:24
しの
文字食う人の文字で飯テロされたのでご飯食べてきます、お疲れの出ませんように( *・ω・)ノ🎵
71:56
文字喰いソルト
いってらっしゃいませ、お気遣いありがとうございます!
90:20
ななし@82be34
ソルトさんこんばんは~🎃
90:40
文字喰いソルト
こんばんは〜( ̄∇ ̄)
90:59
ななし@82be34
南瓜(みなみうり)です💙
91:15
文字喰いソルト
あ!やはりそうでしたか!
91:57
文字喰いソルト
見ていただきありがとうございます✨
92:35
ななし@82be34
こういう文章の配信って初めて見ました👀すごいですねぇ!
92:59
文字喰いソルト
僕も昨日知った次第で…すごいですよね〜
96:03
ななし@82be34
文章考えながらチャットって大変じゃないですか?💦脳みそパンクしそう😧💦
97:01
文字喰いソルト
現実世界と脳内行ったり来たりしてますww変な誤字あるかもしれません
97:27
ななし@82be34
いま、ジューシーなウインナーってとこまで読んで腹が(笑)
97:41
文字喰いソルト
やったぁ٩( ᐛ )و
98:19
文字喰いソルト
実際に取材がてら飯屋に行った甲斐がありました
99:20
ななし@82be34
ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙!!!マスくん!!!マスくん来た!!!!!
99:47
文字喰いソルト
wwww
100:01
ななし@82be34
すみません、カスタドだいすきで(笑)
100:34
文字喰いソルト
いえいえ、リアルタイムで反応あると非常に楽しいです
101:06
文字喰いソルト
かすたどは良いよの…
101:32
ななし@82be34
マスくんがイケメンだ…
103:29
ななし@82be34
wwwwwwwwwwwwwwwwww
104:48
文字喰いソルト
とのことらしいですwww
106:12
文字喰いソルト
と、言うわけでして配信を終了させていただきます
106:19
ななし@82be34
お疲れ様でした!
チャットコメント
文字サイズ
向き
チャットコメント通知
カフェにて
初公開日: 2021年11月28日
最終更新日: 2021年11月28日
ブックマーク
スキ!
コメント
ゆるっと文字書いてます。お昼に妄想してメモったものの書き起こし。
地上の軽食屋に行くケチャップ(UTサンズ)のお話。
ケチャップ放浪記
ケチャップが買い物に行くお話*ゆる〜くやってたり資料を見返してたりするので時々止まります *異国の味…
文字喰いソルト
異国の味覚
地上二人暮らしなkustardが焼き芋をするお話*基本メッセージには返信しますので不要の方は文末に不…
文字喰いソルト
悲願のバレット 45話
家族を殺された少女による復讐のガンアクション小説です。小説家になろうとカクヨムで投稿してます。尚、初…
睦月しろは
紅楼夢表紙お礼SSの続き
去年の紅楼夢の表紙を描いてくれたなまねこさんへのお礼SSを書いていきます。
人形使い