キメツの森は今日もいい天気。森の外れの小さな洋服屋さんにも、ポカポカとした陽射しが降りそそいでいました。
 そろそろ冬が近づいてきています。お店にも冬支度をする森の動物たちが、マフラーや手袋を買い求めにくることでしょう。
 このお店の商品は、動物たちが冬のあいだ寒さに凍えないようにと、水柱様と呼ばれる神様が作っているのです。だから、手袋ひとつでもたいそうポカポカと温かく、動物たちは冬がくるとお店にやってくるのです。
 でも最近は、お買い物ではないお客さんが増えました。
 もともとこのお店の店員さんのお友達が、しょっちゅう遊びにきてはいましたが、このところは以前よりも頻繁にやってきては、お祝いをしてくれるのです。
 そのたび店員さんである炭治郎は、ふさふさな自慢の尻尾をご機嫌に揺らして、ニコニコと笑っていました。
 炭治郎は、もともとはどこにでもいるただの狐の子どもでした。けれども、実は日柱様という神様の力を持つ天狐の子孫だったのです。
 昔々、恐ろしい『災い』の首魁と柱たちが戦った際に、炭治郎も日柱の力で一緒に戦い、勝利を収めました。それからずっと、キメツの森は平和で穏やかです。
 神様の仲間入りをした炭治郎は、長いこと、洋服屋さんである水柱様の眷属として神様修行をしていました。そうして大人になった炭治郎は、正式に日柱を襲名し、水柱様のご伴侶様としてお嫁さんになったのです。
 炭治郎は男の子なのにお嫁さん? と、不思議に思う人もいるでしょう。でも、なにしろ水柱様も炭治郎も神様なので、普通の動物たちと違って男の人同士でも赤ちゃんだって生まれるのです。
 今日もせっせとお店の周りの落ち葉を掃いている炭治郎の首にかけられた、小さな真っ白い袋には、炭治郎と水柱様――義勇の赤ちゃんが眠っていました。
 赤ちゃんといっても、実はまだまだ卵です。神様の子どもとしてこの世に現れるには、卵たちには神気がまだ到底足りません。
 炭治郎と義勇が赤ちゃんが欲しいと共に強く願って過ごした夜に、ポロリポロリと炭治郎がこぼした涙が固まって、キラキラと輝く二つの石の卵のようになったのは、そろそろ秋の気配がしだすころでした。
 卵はふたつ。炭治郎の瞳のように赫い卵と、義勇の瞳のように青い卵です。
 宝石のようにキラキラとした卵は、触るとほんのり温かく、トクントクンと小さな鼓動がしています。このなかで、ふたりの赤ちゃんはいつか外の世界に出る日まで、スヤスヤと眠っているのだそうです。
「今日はいい天気だぞ。早く一緒に日向ぼっこできるといいなっ」
 炭治郎はやさしく袋に入った卵に笑いかけます。義勇が作ってくれた袋は上等の絹でできていて、炭治郎の胸の上でゆらゆらと揺れます。すべすべと触り心地の良い真っ白な袋は、きっと素敵な揺り籠のように卵たちには感じられていることでしょう。
 早く逢いたいなと思いながら、炭治郎は卵に話しかけつつ、せっせとお掃除に精を出していました。
 炭治郎が義勇のお嫁さんになったとき、ほかの柱様方やお館様と呼ばれる森の守り神様は、きっとすぐに子宝に恵まれるだろうと笑っていました。柱様の眷属となって神様の世界の仲間入りをした、炭治郎の妹の禰豆子や、友達の善逸や伊之助も、早くふたりの赤ちゃんに逢いたいねと笑っていたものです。
 とっても恥ずかしかったのですが、もちろん、炭治郎だってそのつもりでいました。
 だって、大好きな義勇の赤ちゃんです。もともとは普通の狐の子だった炭治郎にしてみれば、お嫁さんになれば子どもはいっぱい生まれるものだと思ってもいました。炭治郎だって弟妹はいっぱいいましたから、すぐに赤ちゃんがいっぱいきてくれると思っていたのです。
 けれども、なかなか赤ちゃんは生まれませんでした。義勇は炭治郎をたいそう慈しんでくれますし、誰が見ても仲睦まじい夫婦になれたのですが、それでも赤ちゃんはいっこうに生まてきてはくれなかったのです。
 義勇は気にするなと言ってくれましたが、だんだんと炭治郎は悲しくなってきてしまいました。
 男の子である炭治郎でも、ちゃんと赤ちゃんは生まれますよと蟲柱様は言ってくれましたが、もともと炭治郎はただの狐です。もしかしたらほかの神様とは違うのかもしれません。
 神様の仲間入りをして、大好きな義勇のご伴侶様にもなれましたが、義勇には炭治郎よりももっとお似合いの神様がいっぱいいます。蟲柱様もそうですし、その眷属の子たちだってみんな素敵な女の子です。男の人でも赤ちゃんが生めるのなら、炎柱様や風柱様、霞柱様だっていらっしゃいます。みんな炭治郎よりずっと強くて、立派な神様ばかりです。
 どんどん、どんどん、不安は大きくなっていって、炭治郎はとても悲しくなってしまいました。
 炭治郎が悲しんでいることは、義勇にも、もちろん伝わっていました。だからいつでもやさしく、いつかちゃんと子どもは生まれるからと慰めてくれるのですが、炭治郎は申し訳なさが募るばかりだったのです。
 そんなある日のことでした。ふさぎ込んでいく炭治郎を心配して、禰豆子たちが気晴らしに遊びに行こうと誘ってくれたのです。
「たまにはみんなで楽しんでくるといい」
 義勇もそう言って、快く送りだしてくれたのですが、一緒に行ってはくれませんでした。それはとても寂しいことでしたが、炭治郎は「義勇さんも一緒に行きませんか?」とは言えませんでした。
 とてもやさしくしてもらっているのに、いつまでも赤ちゃんの生めない炭治郎のことを、義勇は本当はどう思っているのでしょう。それが不安で、炭治郎はなにも言えなかったのです。
 禰豆子たちが誘ってくれたのは、キメツの森を出てしばらく行った大きな山でした。高くて険しい山でしたが、お館様からお借りした雲に乗っていったので、山のてっぺんにはあっという間につきました。そこはとても空気がきれいで、キメツの森と同じくらい清々しい場所でした。
 お山は森よりも早くに秋がきているようです。木々の葉っぱは黄色や赤に染められて、おいしそうな木の実もたわわに実っています。
 地面を探せばあちらこちらにキノコもたっぷりと生えていて、ずっとふさぎ込んでいた炭治郎も、自然とワクワクとしてきます。
「きれいなとこだなぁ。森と同じくらい食べ物もいっぱいだ! 義勇さんのお土産に、いろいろ採っていこうかな」
「私も恋柱様たちにお土産を持っていきたいな。お兄ちゃん、いっぱい採ろうね!」
 笑う禰豆子に、善逸や伊之助も張り切って、それじゃ競争しようと笑います。
 久しぶりのみんな一緒のお出かけは、沈んでいた炭治郎の心も温かくしてくれました。
「なんじゃ、ずいぶんと騒がしいな」
 みんなでせっせと木の実やキノコを集めていたら、聞こえてきたのはそんな声。見れば木の上から天狗様が覗いていました。
「この山の主様ですか? お邪魔してます! 俺はキメツの森の日柱で炭治郎といいます! お土産にキノコや木の実を持って帰ってもいいですか?」
 たずねてみれば、天狗様は大きな声で笑いながら、採りすぎなければいいだろうとうなずいてくださいました。
 ひらりと木の上から降りてきた天狗様は、ずいぶんとお爺さんのようです。やさしい匂いがしています。
「おまえが日柱か。義勇は息災か?」
「義勇さんを知ってるんですかっ!?」
 天狗様なら神様である義勇と知り合いでも不思議ではありません。けれども、義勇という名前は、今は炭治郎しか知らないはずです。その名前をはっきりと口にした天狗様に、炭治郎はびっくりしてしまいました。
「義勇だけではないぞ。わしは錆兎や真菰のことも知っておる。あれらはみんな、この山で鍛錬を積んでおったからな」
 炭治郎の疑問が口にせずともわかったのでしょう。そう言って天狗様はなおも笑いました。
「義勇さんが鍛錬していたのは、このお山だったんですね! それじゃ、あなたは大天狗の鱗滝さんですか?」
Latest / 39:15
文字サイズ
手袋を買いに行ったら素敵な贈り物が届きました
初公開日: 2020年10月17日
最終更新日: 2020年10月17日
ブックマーク
スキ!
チャットコメント表示
拙作『手袋を買いに行ったら大好きな人ができました』の後日談です。炭治郎と義勇さんの赤ちゃんのお話です。
サイトで挑戦中の「ものかきさんに100のお題」から、6(手袋)と72(贈り物)にあわせてのお話になります。