夜勤明けで疲れているのだと思った。
「サクラさん」
腰を落ち着けたデスクで、突っ伏していた顔を上げると、なにか可愛いものが見えた。何度かまばたきをして、それから強めに目を瞑り、眉間を押してから目を開けた。
何故か小さく縮んでしまった友人がそこにいた。
下忍姿の彼女は申し訳なさそうに両の指をつつき合わせながらサクラを見上げている。
「疲れてるところごめんね……でも、急いで聞いてもらいたいことがあるの」
「……ヒナタよね? ええと、どうなってそうなったかは後回しでいいのね? OK、話して」
Latest / 12:40
文字サイズ
弾ける話
初公開日: 2020年10月16日
最終更新日: 2020年10月16日
ブックマーク
スキ!
チャットコメント表示
七代目話。頑張るヒナタちゃん
202010181110
学パロのようなそうでないような
moi
なにか書いている
とりあえず五条先生の夢(アニメしか見てないですごめんなさい)
横山裕奈
テディベア安赤
この前のワンライお題拝借
万葉