「おかえり、行冥」
炭治郎は自分より遥かに背の高い男にのし掛かられても揺らがず、穏やかにそう、声を掛けた。
「……只今……戻り、ました……」
炭治郎の腕の中に収まった行冥は、振り絞るようにそう言った。炭治郎は、ひとつひとつの呼吸すら辛そうに肩を上下させる行冥の背を撫でる。
常であれば、羨ましいと声が上がっていてもおかしくはなかった。だが、辺りに立ち込める血の匂いが、ただならぬ様子の行冥の様子が、彼等から声を奪った。
恐らく行冥は、長くこの山の中に居たのだろう。柱達による修行が始まり程なくして彼の姿が消えた事と関係があるに違いない。
Latest / 156:36
チャットコメントエリアを閉じる
73:23
立野
ハートありがとうございます~
チャットコメント
広げて読む
我が征くは黎明の彼方(予定)
初公開日: 2020年04月28日
最終更新日: 2020年06月15日
途中で止まったら寝落ちたと思ってください。
柱if、年齢逆転、立場逆転注意。
自由気まま枠
自由気ままに書く枠。書くかもしれないし、書かないかもしれない。突然止まったら寝たと思ってください。
読みもの
立野
HQ!!日向受け作文枠
タイトルのままだよ。予告なく女体化が飛び出します。日向愛され指向の月日贔屓。完成するかはわからない。…
読みもの
立野
錆炭♀現代パラレル
現代パラレルですが、学園設定とは設定が異なりますのでご注意ください。錆と真が義理の兄妹だったり、錆が…
読みもの
立野
k
二次創作BL/プロレス実況風SS/03
プロレス実況風SS第3弾です。ご声援・応援ありがとうございます! 正直ここまで続くと思っていなかっ…
読みもの
よもぎ
2時くらいまで
十ニ国記パロ/さねぎゆ/多分2時くらいまで、筆のノリ具合によりけり
読みもの
仏花